幸福度ランキング
幸福度の高い都道府県はどこでしょうか? Photo:PIXTA

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、これまでのように自由には外出できない、常に周囲とソーシャルディスタンスを保つなど、私たちは新しい生活様式に合わせて暮らさなければならなくなった。これまで当たり前と思ってきたことが貴重に思えて、幸せの感じ方が変わった人も多いのではないだろうか。

 そんなコロナ禍で人々の幸福度はどう変わったのか、各都道府県の住民へのアンケートによって「幸福度」を明らかにしたのが、ブランド総合研究所の実施した「都道府県『幸福度』ランキング」だ。

 このランキングは、ブランド総合研究所が今年6月に行った住民視点で地域の課題を明らかにする『都道府県SDGs調査2020』によるもの。それでは早速、47都道府県の住民へのアンケートでわかった「都道府県『幸福度』ランキング」を見ていこう。

※調査を行ったのはブランド総合研究所。アンケートはインターネットにて実施。1万6000人から回答を得た(各都道府県から約350人)。調査期間は2020年6月12日~29日。住民に対し「あなたは幸せですか」という問いを投げかけ、「とても幸せ」「少し幸せ」「どちらでもない」「あまり幸せではない」「全く幸せではない」の5段階から1つ選んでもらった。回答はそれぞれ100点、75点、50点、25点、0点として全回答の平均を「幸福度」とした。昨年度の調査結果(順位)は、性別や世代などの属性で新たにウェイトバック集計を行ったため、昨年度発表の順位と異なる。

都道府県「幸福度」ランキング
1位は2年連続で宮崎県に

「都道府県『幸福度』ランキング」1位は、昨年に引き続き宮崎県となった。昨年は「とても幸せ」と答えた人が32.1%だったが、今年は36.1%と4ポイントもアップした。また、幸福度の全国平均は昨年の66.6点から66.1点へとダウンしたのに対し、宮崎県は72.7点から74.0点へとアップしている。

 幸福度2位は昨年5位の沖縄県(72.2点)、そして3位は昨年18位の大分県(70.3点)となった。

 一方で、下位に目を移すと、東北各県が多くランクインしている。まず、39位に宮城県(63.7点)、40位に山形県(63.6点)、44位青森県(61.8点)、45位福島県(61.4点)、47位秋田県(61.1点)となった。東北のなかでも、岩手県だけは昨年から大きく順位を伸ばし24位(66.0点)だった。