出会った人を好きでいたいから、淡い付き合いを求める

逆に、こうも言えます。

こうでもしなければ、僕は孤独を保てない。

人は人と交わる時間を心地よく感じる生き物です。

だから、一時の感情に任せれば、どこまでもお互いの世界に踏み込み過ぎてしまう。

しかし、せっかく出会った二人がそれで傷つけ合うのは悲しいと思いませんか。

僕はせっかく出会った人たちを好きでいたい。

だからこそ、水のような淡く清らかな付き合いを求めるのです。

(本原稿は、中野善壽著 『孤独からはじめよう』から一部抜粋・改変したものです)