厳しい食事制限やつらい運動を続ければ、もちろん痩せます。しかし、そういったダイエットはなかなか続かないし、やめた途端にリバウンドするのは皆さんよくご存じだと思います。成功率96.6%のオンライン・ダイエットプログラムを主宰する野上浩一郎氏の「3勤1休ダイエット」のモットーは「3日坊主を繰り返せば、必ず痩せる」。ダイエットにつきものの「我慢」も「意志力」も不要なのに、3か月でするすると自然に痩せて、2度とリバウンドしない体が手に入ります。なぜなら、このメソッドには、「ダイエットが続く仕組み」「挫折ポイントの抜け道」が、しっかり緻密に組み込まれているから。会食三昧なのに、このメソッドで5.6キロも痩せた精神科医の樺沢紫苑先生が、「ストレスフリー(我慢不要)+アウトプット(レコーディング)で痩せられる、脳科学的にも正しいメソッドです」と推薦する話題の書、「3か月で自然に痩せていく仕組み~意志力ゼロで体が変わる!3勤1休ダイエットプログラム」(野上浩一郎著)から、そのコツや実践方法を紹介していきます。

ダイエットには<br />「ランニング」を<br />おすすめしない理由Photo: Adobe Stock

ランニングより日常の早歩きを増やそう

 ダイエットの基本は、摂取カロリーより消費カロリーを多くすることです(厳密に言うと糖質も関係しますがここでは割愛)。「3勤1休ダイエット」もそれは変わりません。

 ただカロリーを消費するには有酸素運動がいいのは事実ですが、私がクライアントさんに真っ先に伝えるのは、「明日から突然ランニングをしようなんて、絶対に思わないでください」ということです。

 肥満体型の方がランニングをすると、ひざや腰などに負担がかかりますし、実際、息も上がって辛いです。そして、一度でも「辛い」と感じると、次にやろうとする時、やらない理由を探し始めます。それによって、「一度はトライしたのに、やらなくなった自分」に落ち込み、ダイエットからフェードアウトしていきます。ハードな筋トレも同様です。

 先述した通り、ダイエットをイベント化すると、たいがい失敗します。だから、特別なことはなるべくしないほうがいいのです。

 その代わり、私がおすすめしているのが、毎日の通勤や買い物、子どもの送り迎えなど、生活の中に「早歩き」を取り入れることです。

 なじみのある「歩く」という行為に、「早」をプラスしてみてください。これなら、日常の先に運動があるので、ダイエットがイベント化しません。

 しかも、早歩きは、長い目で見るとランニングよりもダイエット効果が高いのです(最も効率的に痩せられる早歩きの速度は本書を参照)。下の表は、ウォーキング、早歩き、ランニング、それぞれの脂肪の燃焼量と糖の消費量を比較したものです。一見、ランニングが一番痩せそうですが、挫折しやすかったり、食欲が増して消費カロリー以上に食べてしまったりするので、趣味でやりたい方以外おすすめしません。

 細かいやり方、絶対に挫折しないための抜け道などは本書も参考に、ぜひ取り組んでみてください。

ダイエットには<br />「ランニング」を<br />おすすめしない理由
【訂正】記事初出時のものに、最後の表を追加いたしました。(22年2月2日9:00 書籍オンライン編集部)

著者/野上浩一郎

治療家・ダイエットコーチ・バランス整骨院 中原院長
大学卒業後、IT系企業に就職するも「もっと人と関わる仕事をしたい」と転職。その後、修行時代を経て2015年に神奈川県で整骨院を開業。開業して「痛みと同じくらい肥満に悩む人が多い」と気づき、ダイエット指導を開始。コロナ禍では、コーチングをベースにした90日間のオンライン・ダイエットプログラムを提供し、その参加者のダイエット成功実績は96.6%を誇る。のべ3万人の施術経験と、600人のダイエット指導実績あり。

監修/西井義典

医師・西井医院院長

2000年、三重大学医学部卒業。三重中央医療センター、松阪厚生病院などを経て、三重県松阪市の医療法人である実家の西井医院を継ぐ。専門は呼吸内科だが、開業後は「地域のかかりつけ医」として検診から高血圧・高脂血症・糖尿病・痛風といった慢性疾患などまで、幅広く診察している。