厳しい食事制限やつらい運動を続ければ、もちろん痩せます。しかし、そういったダイエットはなかなか続かないし、やめた途端にリバウンドするのは皆さんよくご存じだと思います。成功率96.6%のオンライン・ダイエットプログラムを主宰する野上浩一郎氏の「3勤1休ダイエット」のモットーは「3日坊主を繰り返せば、必ず痩せる」。ダイエットにつきものの「我慢」も「意志力」も不要なのに、3か月でするすると自然に痩せて、2度とリバウンドしない体が手に入ります。なぜなら、このメソッドには、「ダイエットが続く仕組み」「挫折ポイントの抜け道」が、しっかり緻密に組み込まれているから。会食三昧なのに、このメソッドで5.6キロも痩せた精神科医の樺沢紫苑先生が、「ストレスフリー(我慢不要)+アウトプット(レコーディング)で痩せられる、脳科学的にも正しいメソッドです」と推薦する話題の書、「3か月で自然に痩せていく仕組み~意志力ゼロで体が変わる!3勤1休ダイエットプログラム」(野上浩一郎著)から、まずは成功者たちのビフォー・アフターをご紹介していきましょう。今回は、本書の編集者である担当Iが、実際にこのメソッドにトライして5キロ痩せた記録です。

20年痩せられなかった<br />担当編集者も<br />3勤1休ダイエットで5キロ減!Photo: 担当編集Iの3か月の体重記録。ギザギザを描きながら確実に減っていった

20年近くでジワジワ増えた体重、本当に3か月で痩せる?

 本書の担当編集Iは、52歳女性。若いころは「何を食べても太らないんです~」と40キロ台前半を誇っていたのに、34歳で第一子を出産してから、20年近くかけて毎年、ジワジワと微増。何度かダイエットにトライしたが効果なく、しばらく55キロ前後をうろうろしていたが、コロナ禍のリモートワークによって運動量が激減。さらにランチが面倒くさくなり、週に2回はインスタントラーメンという生活をしているうちに、気づけば人生最高のアラウンド60キロ、体脂肪率は30%になっていた。

 本書の編集を始めたのは「さすがにこのままではヤバイ」と感じていたころ。渡りに船とばかりに、読者第一号として、本書のメソッドに挑戦してみた。

 まずやったのは、本書にも書いてある通り、「目標設定」と「ダイエット宣言」から。目標数値には、健康体重と美容体重があるが、私は美容体重である53キロ台、つまりマイナス5キロを目指すことに決定。1か月の痩せるペースは、現体重の2.5%~5%が適正とのことだったので、1か月約3%=1.7キロ前後を目安に。体脂肪率は50代女性の理想という25%を下回ることを目標にした。

「宣言」は、まず家族に、ダイエットを始めるので邪魔をしてくれるなと頼み、さらに、フェイスブックで、「ダイエット本の編集をするので、その方法を実践して、3か月後に体重-5キロ、体脂肪率20%台前半を目指します!」と宣言した。

 これまでも、お手軽ダイエット系の本を買ったりネットで見たりした手法で、ひとりこっそりダイエットを試すことはあったが、実は、周りの人に「宣言」したのはこれが初めて。今思い返すと、この効果がかなり大きかったように思う。「自己管理できない人に見られたくない」という見栄っ張りな私は、これで俄然、「失敗できないぞ!」という追い詰められモードになったからだ。だから最初の「宣言」は、是非行うことをおすすめしたい。