――筆者のジェームズ・マッキントッシュはWSJ市場担当シニアコラムニスト ***  筆者は新型コロナウイルス感染でひどい状態となり、市場から28営業日離れた後に戻ってみると、差し迫ったリセッション(景気後退)の新たな物語が急速に定着しつつあることが分かった。しかし市場自体を見ると、18日の急落後でさえ、この物語は資産価格にはあまり反映されていない。資産価格は依然として米連邦準備制度理事会(FRB)の恩恵を受けている。これはリスクと機会の両方を生み出す。  朗報から始めよう。例えば、金融政策に敏感な資産の価格は大幅に下落した。本当に大幅だ。