ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
インキュベーションの虚と実

起業家教育の旗手スティーブ・ブランク氏に学ぶ
シリコンバレーの経験を集約した経営・教育ツール

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第19回】 2013年1月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

スタートアップへの
新たな経営ツール

 失敗のマネジメントはいつの時代にも求められているが、そのツールが不十分だった。これについて、ブランク氏は「リーンスタートアップ・コンファレンス」で次の様に述べている。

*  *

 ビジネスには理論と実践がある。しかし、スタートアップについては、実践100に対して理論1くらいしかなかった。だれも起業家のクレージーさを評価できないし、カオスを教えることはできない。だから経験するしかない。それを教えるというのは、未経験者がセックスを教えるようなものだ。

 しかし、いまや学びたい人には教えることができる。組織、戦略、会計など、これまで起業家へのツールは実行のためのものに留まっていたが、そこにスタートアップを始めるためのツールが現れてきた。ピボットもそうだし、顧客開発モデルもそうだ。これらのツールで失敗を減らすことができる。

 いまはEntrepreneurial API(起業の共通言語)がある。主なものは次の三つだ。

パート1 ビジネスモデル・キャンバス
パート2 顧客開発モデル
パート3 アジャイル・エンジニアリング(仕様変更などの変化に対して機敏に対応し、迅速かつ適応的にソフトウェア開発を行う軽量な開発手法)

  ビジネスモデルをつくったら、それを顧客開発というテスト・プロセスで検証し、そしてアジャイル開発で段階的にプロダクトをつくりあげる。つまりビジネスモデルをよくしていくロードマップが得られるのだ。(下記写真参照 Photo by S.H.)

パート3:アジャイル・エンジニアリング
拡大画像表示
パート2:顧客開発モデル
拡大画像表示
パート1:ビジネスモデル・キャンバス
拡大画像表示

   

*  *

第五回で、より的確なテーマ設定のためにOpportunity Recognition=事業機会の特定、つまり現実のチャンスをとらえることの研究が、近年欧米で熱心にされてきたことを書いたが、ブランク氏の取組みもその一つである。

 ブランク氏が紹介する経営ツールは、既に多くのシリコンバレー企業で活用されており、普及期にあるものだ。しかし、日本ではようやく知られ始めたところであり、また実践も中途半端なものがみられ、まだまだこれからという段階と言えよう。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

本荘修二

新事業を中心に、日米の大企業・ベンチャー・投資家等のアドバイザーを務める。多摩大学(MBA)客員教授。Net Service Ventures、500 Startups、Founder Institute、始動Next Innovator、福岡県他の起業家メンター。BCG東京、米CSC、CSK/セガ・グループ大川会長付、投資育成会社General Atlantic日本代表などを経て、現在に至る。「エコシステム・マーケティング」など著書多数。訳書に『ザッポス伝説』(ダイヤモンド社))、連載に「インキュベーションの虚と実」「垣根を超える力」などがある。


インキュベーションの虚と実

今、アメリカでは“スタートアップ”と呼ばれる、ベンチャー企業が次々と生まれている。なぜなら、そうした勢いある起業家たちを育てる土壌が整っており、インキュベーターも多く、なにより、チャレンジを支援する仕組みが存在するからだ。一方の日本はどうなのだろうか。日米のベンチャー界の環境の変化や最新のトレンドについて、25年にわたってベンチャー界に身を置いてきた本荘修二氏が解説する。また日本でベンチャーが育ちにくいと言われる背景を明らかにし、改善するための処方箋も提示する。

「インキュベーションの虚と実」

⇒バックナンバー一覧