【ワシントン】2011年、米国のデフォルト(債務不履行)回避に向けたギリギリの交渉が行われていた日の深夜。当時副大統領だったジョー・バイデン氏とバラク・オバマ大統領は、大統領執務室で事態打開に向けた妥協案に関する報告を受けた。ちょうどデフォルト懸念がくすぶるアジア金融市場の動向に2人が神経をとがらせていた時だ。  「あの恐怖感は言葉にできない」。行政管理予算局(OMB)の局長を務めていたジャック・ルー氏は、共和党との協議がようやく妥結に至った心境をこう語った。合意は共和党が連邦債務の上限引き上げに同意する見返りに、民主党は歳出削減をのむという内容だった。