米非営利団体の全米行方不明・被搾取児童センター(NCMEC)は27日、若年者がオンライン上で流された自身の露骨な画像を削除したり、こうした画像の共有を防いだりすることができるツールを本格的に立ち上げた。  「テイク・イット・ダウン(Take It Down)」と名付けられたこのツールは世界の若年層を対象としており、自身の露骨な画像などが特定のオンラインスペースに投稿された場合に、匿名で報告することができる。NCMECによると、成人であっても、未成年の時に撮影された画像の削除を要請することができる。