ジョン・ウィナー氏(34)はまさにその名のごとく「勝つ」ためのアイデアが必要なときは、45人の従業員をチームに分けて互いに競わせることにしている。テキサス州オースティンにあるデータオートメーションの新興企業Kizenの共同創業者で最高経営責任者(CEO)でもあるウィナー氏は皆で協力するよりも、互いに切磋琢磨する方が良い結果を生むと信じている。  「競争は実に楽しくかつ有益になり得る」とウィナー氏は話す。「いまどきの人は軟弱だ、というような話は信じない。