米ニューヨーク州大陪審がドナルド・トランプ前大統領の起訴を決めたことで、トランプ氏の熱狂的な支持者らの行動意欲が高まるとともに、彼らの司法制度に対する信頼がさらに低下する可能性が高い。また今後の展開に伴い、国家の分断がさらに深まりそうだ。  また、新たな火種も迫っているかもしれない。2024年の大統領選挙で共和党の有力候補とみられるトランプ氏を巡っては、20年の大統領選結果の転覆を狙った試みなど、別の捜査も進行しており、一段と重大な罪に問われる可能性がある。  「人々はトランプ氏について強い感情を抱いており、分断をあおるのは避けられないだろう」。