喩えと現実の
大きなギャップ

 しかし、「『うつ』は心の風邪です」というフレーズを聞いて治療に踏み切った患者さんやそのご家族は、当然のことですが「風邪のように跡形もなくスッキリ治る」ことをイメージされるはずです。そこに、医療者側と患者さん側との間の大きなイメージギャップが生じることになりやすい原因があります。

 私のもとを訪ねて来られる方々の中には、社会復帰しても短期間で再発(再燃)するということを何度も繰り返してきていて、長い治療歴もあって、いらした時点ではかなり疲弊されているケースも少なくありません。

 そのような経緯で来られた患者さんやご家族は、長い期間にわたって指示通り忠実に服薬し休養してきたにもかかわらず、ある程度以上の改善が見られなかったがために、「いつになったら本当に治るんでしょうか?」と、諦めと恨めしさの入り混じった気持ちで疑問をぶつけてこられることがあります。これは明らかに、「治る」ということをめぐる双方のイメージギャップが、曖昧なまま引き延ばされてきたことによるものだと思われます。

 それでは「うつ」において、再発の危険性のある「寛解」ではなく、本当の「治癒」に到達することは望めないのでしょうか?

病は、自分自身を
救い出そうとしている!

 そこで、「病というものは、何らかのメッセージを自分自身に伝えるべく内側から湧き起こって来るものである」、または「病は、その中核的な症状によって、自分自身をより自然で望ましい状態に導こうとしている」という考え方を採り入れてみることが大切になります。つまり、病は「自分自身を好ましくない今の状態から救い出そうとしている」ということです。

 このような観点は、古い医学や民間医療・代替医療の中に見つかることはありますが、近代以降の西洋医学が切り捨て、忘れてきてしまったものです。しかし、この観点を導入して考えてみますと、「うつ」の治療においても、何が見落とされてしまっていたのかが明らかになってくるのです。

「元に戻る」ことが
再発をまねく

 「風邪」が治るとは、風邪をひく前の状態に身体状態が戻ることを指すわけですが、「うつ」を「風邪」に喩えてしまいますと、同じように、発病前の状態に戻ることを目指すようなイメージが作り出されてしまいます。私は、これが「うつ」の再発・再燃をひき起している大きな要因の1つだと考えています。