腰痛の原因その 3
「血流の悪さ」

 ときおり患者さんから、「体が硬くて前屈しても手の先が床に届かないんです」とか、「私は股関節が硬いのでバレリーナにはなれませんね」と言われることがあります。
 これらはすべて、「関節が硬くなっている」ということです。では、なぜ「関節は硬く」なってしまうのでしょうか。
 端的に言えば、それは「血流が悪くなっているから」です。筋肉への血流が悪くなっているから、脳が「これ以上はもう広がりません、曲げられません」と指令を出してしまうのです。
 それが結果的に体が硬いという状態になる、というわけです。理屈としては、「体が硬いから広がらない、曲がらない」ではなく、「筋肉への血流が悪くなっているせいで脳からもうこれ以上は広がりませんよ、曲がりませんよという指令が出て体にストップがかかり、これ以上は広がらない」のです。
 可動域が狭いところ、つまり硬いところは、血流がよくなれば柔らかくなってたくさん動かせるようになります。年齢をかさねていくうちに関節が硬くなってしまうのは、血管が老化したり、毛細血管が減ったりして、筋肉への血流が悪くなってしまうからです。

 「朝30秒の正座」健康法では、第二の心臓と呼ばれるふくらはぎから足首までの部分に、バランスよく圧をかけます。結果、血流が促され、新しい毛細血管を増やすことができます。硬くなり、血流が悪くなっていた箇所にも十分に血流が行き渡っていきます。

(写真左)夏でも手足の先に冷えを感じている極度の冷え体質。つらいときは靴下の二枚重ねをしているが改善しない。(写真右)30秒の正座後、足全体はもちろん、腕まで赤く表示され、温度が上がったことがわかる。          撮影協力/昌運工業株式会社 サーモ事業部

 左の写真は、「30秒の正座」をする前とした後の体の状態をサーモグラフィーで撮影したものです。手足の温度が、30秒の正座で驚くほど変化しているのがわかります。実際に体験したモニターの方は、体感的にも体全体がポカポカしてきたのがわかったとおっしゃっていました。


  これまで述べてきた3つの原因すべてにアプローチできるのが、「朝30秒の正座」健康法なのです。

   (本連載は、書籍『「朝30秒の正座」で腰痛が治る』からの抜粋です)

次回は5月30日更新予定です。


 ◆ダイヤモンド社書籍編集部からのお知らせ◆

『「朝30秒の正座」で腰痛が治る』

好評発売中!

定価1260円(税込)   四六判・並製・184頁

 

 延べ30万人の施術で生み出された「朝30秒の正座」健康法を大公開。「繰り返すぎっくり腰を自分の力で治した」(30代女性)「ヘルニアがよくなって、徒歩通勤ができるようになった」(50代男性)「変形性脊椎症もひざ痛も改善した」(50代女性)と、喜びの声が続々と届いている最新腰痛改善メソッドの詳しいやり方をご紹介いたします。それだけではありません。腰痛のみならず、肥満やメタボ、最近では年齢を問わず女性を悩ませている尿モレなどにも効果を発揮する「朝30秒正座」健康法の驚くべき効果をご紹介いたします。


ご購入はこちら![Amazon.co.jp][紀伊國屋書店BookWeb][楽天ブックス]