もちろん、本人はまっすぐに構えているつもりでいます。アドレスの向きは右、クラブを振っていくのは目標方向。ここで体の向きとスウィング軌道にずれが生じるのですから、ボールが曲がるのは必然の結果。右を向いて左に振ることになるので、カット打ちになり、スライスが出やすくなるというわけです。

【第20回】アマチュアゴルファーのお悩み解決セミナー<br />Lesson20「アマチュアの大半は目標よりも「右」を向いて構えている」
コース上では右向きのアドレスになりやすいので注意しよう(右)。ボールのロゴを目標に向けると、まっすぐに立ちやすくなる(左)

 ゴルフは目標に対して正対せず、体の向きを平行にセットする、という特殊なスポーツです。これは日常生活にはない動作なので、その感覚は体で覚えるしかありませんが、コース上では、アドレスに入る前の手順(ルーチン)を慎重に行なうことがポイントです。

 目標を設定したら、必ずボールの後方から目標を見て、ターゲットラインを引く(イメージする)こと。そして、そのラインと平行に立つこと。ゴルフボールには文字やマークが描いてあるので、それを目標に向けるようにすると、1つの目印となってスクエアなアドレスがつくりやすくなります。

 ミスショットの原因は、スウィング中にあるとは限りません。ミスが出たら、動きを修正する前に、アドレスの向きをもう一度チェックしてみましょう。

(取材・文/小山俊正)