ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
インキュベーションの虚と実

“起業ありきで多産多死”の現状を打破する
異色メンター・小澤隆生のインキュベート法

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第34回】 2013年9月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
7

 小澤氏のようなメンターがさらに求められていることは疑いない。同時に、メンターを使うのが下手な起業家は、こういう事例に学べる点はあるだろう。一人でできることは限られているのだ。

 日本のスタートアップ界には、起業家精神に富み、能力や才能、やる気を備えた若い人材は豊富だ。しかし、肝心の「何をやるか」が決まっていないケースが散見される。筆者には「迷える子羊」がふらふらと漂流しているように見える。

 もちろん、「何をやるか」は起業を志す本人が決める事で、そもそも起業は他人から言われてやるものではない。しかし、才能ある「迷える子羊」に経験のある人がテーマを投げ、それによって才能が開花し、事業が創造されることもあるはずだ。これは、nanapiとスターフェスティバルが証明してくれた。

 日本のメンターやインキュベーターの大多数は、すでに起業家が取り組んでいる事業に対して応援するか、ダメ出しをして叩くか、ということしかしていないのではないか。小澤氏のように、迷いのある起業家へテーマを投げ、一緒に事業創造をするという方法も、あっていいのではないだろうか。

previous page
7
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

本荘修二

新事業を中心に、日米の大企業・ベンチャー・投資家等のアドバイザーを務める。多摩大学(MBA)客員教授。Net Service Ventures、500 Startups、Founder Institute、始動Next Innovator、福岡県他の起業家メンター。BCG東京、米CSC、CSK/セガ・グループ大川会長付、投資育成会社General Atlantic日本代表などを経て、現在に至る。「エコシステム・マーケティング」など著書多数。訳書に『ザッポス伝説』(ダイヤモンド社))、連載に「インキュベーションの虚と実」「垣根を超える力」などがある。


インキュベーションの虚と実

今、アメリカでは“スタートアップ”と呼ばれる、ベンチャー企業が次々と生まれている。なぜなら、そうした勢いある起業家たちを育てる土壌が整っており、インキュベーターも多く、なにより、チャレンジを支援する仕組みが存在するからだ。一方の日本はどうなのだろうか。日米のベンチャー界の環境の変化や最新のトレンドについて、25年にわたってベンチャー界に身を置いてきた本荘修二氏が解説する。また日本でベンチャーが育ちにくいと言われる背景を明らかにし、改善するための処方箋も提示する。

「インキュベーションの虚と実」

⇒バックナンバー一覧