ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

マイクロソフトとノキアの“遅すぎた春”
その夢いっぱいの未来と、足もとに山積みの課題

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第49回】 2013年9月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

 パソコンや固定網よりも先に、モバイルベースのスマートフォンの普及が進む新興国の競争は、今後の主戦場となる。先日も、facebookをはじめ、エリクソン、クアルコム、メディアテック、そしてノキアも参画した“internet.org”というプロジェクトが立ち上がったばかり。そこでノキアの商流やブランドを使える意義は大きい。

 スマートフォンやタブレットを巡る知財戦争にも、一定の効果はあるだろう。知財は単なるライセンス収入の問題だけでなく、部材やソフトウェアの調達の優位性(や、場合によっては競合による調達の阻害)につながる、重要な戦略物資である。

 マイクロソフトもノキアも、この分野で様々な知的所有権を保有している。たとえばマイクロソフトはサムスン電子とスマートフォン分野のクロスライセンス契約を結んでおり、グーグル対抗の礎としている。両社がスマートフォンやタブレットの競争の源泉の一つを、一定程度の規模で確実に共有できることは、付加的な収益の確保というだけでなく、リスクヘッジという観点からも重要である。

山積する課題とどこまで対峙できるか

 このように狙いや期待を書き連ねると、今回の買収が適正かつ合理的であるように見えてくる。しかし実際には、課題山積だ。

LUMIAのプレゼンテーション。端末の出来は良いのだが…… Photo by Tatsuya Kurosaka

 まずなにより、両社の動きがすべてにおいて「遅すぎる」ということ。冒頭に書いた通り、業務提携から1年半が過ぎてしまった。この間、両社なりにがんばったことは、LUMIA端末の出来の良さを見ても、理解はできる。しかし「がんばった」と「結果が出た」はまったくの別物だし、結果が出なければビジネスの世界では意味がない。

 目まぐるしく変化する市場に、どれだけ迅速に対応できるか。そしてその中で、どれだけ筋を通しきれるのか。一見すると矛盾する二つの異なる要因を実現すべく、弛まぬ努力を重ねて、ようやく果実を手にできるタフな市場だ。しかし、両社の動きは、残念ながら遅すぎる。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧