ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
インキュベーションの虚と実

ベンチャーキャピタリスト覆面座談会
起業家も投資家もレベルを上げねば未来はない

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第36回】 2013年9月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

C 私は人やチームが変だなと感じたら、どんなにビジネスプランが優れていてもだめで、投資はしない。

A 実際、すごくビジネスプランが良いから、欲が先行してしまうこともあるんだけど、そういう場合、投資してもたいていうまくはいかない。

C 純粋に、「その人が好きか」で決めている。うまくいかないとき、自分が腹をくくれるかどうかが大事。そうなると、その人が嫌いだと、腹はくくれない。

*  *

 ベンチャー投資は昔から、社長やチームの面々で投資するかどうかを決めると言われてきた。今回ご登場いただいた、起業家にコミットして手を尽くすベンチャーキャピタリストにとっては、なおさら「人」が決定打となっているということが分かる。

*  *

避けたい奴ら
三つのタイプ

筆者 スタートアップ・エコシステムのなかで、一緒に仕事をしたくない奴や、エコシステムを腐す、いなくなってほしい奴はいる?

C まず、「株価つり上げ族」。ウチの1.5~2倍の価格を出すベンチャーキャピタルがあるんだけど、これは結果的に起業家を苦しめるからやめてほしい。起業家や事業のためにならないから、いなくなってもらった方がいいんだが、実際増えている。

A 株価をつり上げるのは、起業家に対して投資家としての付加価値を提供できなくて、値段で勝負するしかないから。なりふりかまわず、「われわれだけで投資ラウンドを独占したい」とか、起業家に対して言う。それならお前だけでエグジット(株式上場や企業売却などによる、投資して取得した株式の現金化)してみろよ、と言いたい。

C 起業家も、そのときは甘い汁に見えるんだろうけど、後で困ることになるリスクは高い。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

本荘修二

新事業を中心に、日米の大企業・ベンチャー・投資家等のアドバイザーを務める。多摩大学(MBA)客員教授。Net Service Ventures、500 Startups、Founder Institute、始動Next Innovator、福岡県他の起業家メンター。BCG東京、米CSC、CSK/セガ・グループ大川会長付、投資育成会社General Atlantic日本代表などを経て、現在に至る。「エコシステム・マーケティング」など著書多数。訳書に『ザッポス伝説』(ダイヤモンド社))、連載に「インキュベーションの虚と実」「垣根を超える力」などがある。


インキュベーションの虚と実

今、アメリカでは“スタートアップ”と呼ばれる、ベンチャー企業が次々と生まれている。なぜなら、そうした勢いある起業家たちを育てる土壌が整っており、インキュベーターも多く、なにより、チャレンジを支援する仕組みが存在するからだ。一方の日本はどうなのだろうか。日米のベンチャー界の環境の変化や最新のトレンドについて、25年にわたってベンチャー界に身を置いてきた本荘修二氏が解説する。また日本でベンチャーが育ちにくいと言われる背景を明らかにし、改善するための処方箋も提示する。

「インキュベーションの虚と実」

⇒バックナンバー一覧