ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
インキュベーションの虚と実

ベンチャーキャピタリスト覆面座談会
起業家も投資家もレベルを上げねば未来はない

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第36回】 2013年9月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
6
nextpage

従来型の投資家では対応困難
レベルの高い人材が足りない

筆者 業界内のいろいろな関係者に話を聞くと、投資家も人材不足だという指摘は多い。腕の立つベンチャーキャピタリストが少ないのはなぜなのか?

B おっしゃるとおり、投資家も起業家もレベルの高い人は増えていない。両方増えていかないと、産業の規模は相変わらず米国の何十分の一のまま。

A スタートアップの事業テーマがショボイのは、投資家側の責任でもある。今、世界で成功しているスタートアップは、どのようなトレンドに乗っているのか。それに対応してどのような会社をつくるのか。そういう絵が描ける人は数えるほどしかいない。 

C それは、日本のスタートアップ・エコシステムにノウハウが積み重ねられていないからじゃないかと思う。数年前まで金融機関系のベンチャーキャピタルがメジャープレーヤーだった。彼らは短期間で、異動によって人が入れ替わるし、そうすると、ノウハウは積み重ねられない。

B 6~7年前までのベンチャーキャピタルは楽だった。年100件のIPO(株式上場)があって、投資金額が3~4倍になればエグジットしてもリターン(売却益)は出せた。だからばらまき戦略でもなんとかなった。

 でもいまじゃ無理。早い段階で投資して、一定の手間をかけて成功確率を上げて、やっとリターンがつくれる。ベンチャーキャピタルの投資戦略に求められるものが変わった。

*  *

 ベンチャー投資は従来とは一変しており、似て非なるビジネスとなっている。第30回で示したように、野村證券のレポートにも日本のベンチャーキャピタルは「運用者はサラリーマン(出向者)が多い。→リスクを恐れ、レイターに分散投資。」と記されている。米国に比べ、日本は構造的に立ち遅れてきた実情がある。

*  *

previous page
6
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

本荘修二

新事業を中心に、日米の大企業・ベンチャー・投資家等のアドバイザーを務める。多摩大学(MBA)客員教授。Net Service Ventures、500 Startups、Founder Institute、始動Next Innovator、福岡県他の起業家メンター。BCG東京、米CSC、CSK/セガ・グループ大川会長付、投資育成会社General Atlantic日本代表などを経て、現在に至る。「エコシステム・マーケティング」など著書多数。訳書に『ザッポス伝説』(ダイヤモンド社))、連載に「インキュベーションの虚と実」「垣根を超える力」などがある。


インキュベーションの虚と実

今、アメリカでは“スタートアップ”と呼ばれる、ベンチャー企業が次々と生まれている。なぜなら、そうした勢いある起業家たちを育てる土壌が整っており、インキュベーターも多く、なにより、チャレンジを支援する仕組みが存在するからだ。一方の日本はどうなのだろうか。日米のベンチャー界の環境の変化や最新のトレンドについて、25年にわたってベンチャー界に身を置いてきた本荘修二氏が解説する。また日本でベンチャーが育ちにくいと言われる背景を明らかにし、改善するための処方箋も提示する。

「インキュベーションの虚と実」

⇒バックナンバー一覧