田舎の土地や使わない別荘
旗竿地はどうする?

 相続の対象となる資産の中には、「それがあるために相続が難しくなる」という「難資産」がある。

 難資産の条件は、大まかにいえば「使いにくい」「分けにくい」「売りにくい」の三つ。このうち一つでもあれば、立派な難資産となるが、実際の難資産には複数の条件を備えたものが多い。

 例えば、使いにくい難資産の代表格は、実際に使っていない田舎の山林・農地や別荘、リゾートマンションなど。人口減少時代に入った今、地方の不動産は特に難しい資産で、たいていの場合、売りにくくもある。自分にとって使いにくい資産は、多くの人に使いにくく、その上維持・管理コストが掛かったりもするから、持っていてもいいことがない。転売が難しいのは当然だろう。

 一方、被相続人(親)にとっては使いにくくなくても、相続人(子)にとっては難資産となってしまうのが、分けにくい資産だ。

 典型例は、道路へのアクセスが限定される旗竿地(図表参照)。親が一軒家を建てて住んでいる間は、面積の割に資産価値が低いこと以外に大きな問題はない。その家と土地を1人の相続人が丸ごと引き継ぐなら同様だ。ところが、相続に当たって分割が必要になると、旗竿地は途端に難資産に化ける。

 図に示したように、旗竿地の分割は多くの場合、現実的でない。このため、複数いる相続人の1人に相続させて、それ以外の相続人への補償を行う、または売却して、その利益を分配するなどの対処法を、被相続人の生前から全員で協議し、決めておかないと、のちのち“争族”の原因になる。