ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

社内向けコンテンツも「モバイル対応が必須」の時代――ベン・チョイ アドビ シニアディレクターに聞く

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第38回】 2014年4月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3

 実はこの課題は、アドビ自身にも言えることです。アドビと言えば従来は「パッケージソフト」の会社でしたが、この数年で「クラウドサービス」中心へガラリと変身を遂げました。

 そして今度は、その波と重なるようにやってきた「モバイル」の時代に飛び込みました。顧客がモバイル化している以上、アドビのツールもモバイルデバイスに対応したものに変わっていくのは当たり前のことです。

 PC中心の時代から、タブレット、スマートフォンなどのデバイスを中心に据えたツール開発へと、体制を大きく変えなければいけません。DPSのソリューションを企業に使っていただくためには、アドビ社内の考え方にも変革が求められているのです。

 ですが、これまでプリント媒体だったものをそのままモバイルデバイスで表示できるようにすれば、それでOKということにはなりません。 

――プリント媒体を生業にしてきた出版社は、どうすれば生き残れますか?

 どのような出版社でも、編集者や記者の方は、読者に向けて独自の「ストーリー」を伝えたいと考えているはずです。

 一方で、そのストーリーを届けたい読者は、いまやすべて「モバイルデバイス」を持っているわけです。

 つまり、この質問の答えは極めてシンプルで、あらゆる制約を取り払って、ストーリー(コンテンツ)をモバイルデバイスに向けていかにパワフルに伝えられるのか、そこに知恵を絞ることに尽きます。

 国を問わず、DPSの先駆的なユーザーの出版社では、すでに紙媒体やPCを全く考慮せずに「タッチデバイス」だけに特化したストーリーをゼロから作り、配信しています。

(取材・文・撮影/ダイヤモンド・オンライン編集部 指田昌夫)

previous page
3
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

IT insight

情報家電、インターネット、ソーシャルメディア、携帯電話など、ITツールの最新情報に加え、激動の市場を勝ち抜くIT企業の戦略、ITを駆使した新しい企業経営の姿などを伝える。ITエグゼクティブや編集部の視点から、ITビジネスの最前線を徹底分析する。

「IT insight」

⇒バックナンバー一覧