ファイナンス部門のガバナンス

 欧米系グローバル企業のガバナンスは機能別に行われます。現地法人では、そのトップが全部門を見ますが、ドッテッド・ライン(財務、マーケティングなど各機能の責任者)はリージョン(日本法人ではアジア・パシフィック本部)の各機能のトップというのが一般的です。日本法人のCFOの直属の上司(ダイレクト・ライン)がリージョンCFOで、日本の社長からは正式な評価を受けないケースもあります。

 それがよいか悪いかはともかく、日本法人のCFOはリージョンのCFOときちんとコミュニケーションを取れる人材でなければなりません。ビジネスレベル以上の英語力があることは当然で、財務会計、管理会計、税務、内部統制などのファイナンスの専門的な知識と経験が求められます。これらの専門知識がなければ、たとえ英語力に長けていたとしても、リージョンのCFOとまともに会話することはできません。外資系CFOの多くがCPA(米国公認会計士)保有者であるのは、このように高度な専門知識を要求されるからです。

 とはいえ、英語ができてファイナンスの専門知識やスキルがあればCFOになれるかというと、そうではありません。英語力と専門スキルはベースラインとしての最低限のスキルです。

 CFOのミッションの一つであるコントローラーシップ(経理)のミッションは、レコード・キーピング、つまり情報(売上、コスト、利益など)の正しい記録と報告です。日本企業の経理部長は、グローバル企業では、会社の数字の記録を管理する責任者という意味で、コントローラー、あるいはファイナンシャル・コントローラーと呼ばれます。

 先ほど、日本法人のCFOはリージョンのCFOとコミュニケートするためにビジネスレベル以上の英語力が必要であると述べましたが、コントローラーシップにおいても英語力は非常に重要です。なぜなら、昨今多くのグローバル企業は、海外にあるシェアード・サービス・センター(SSC)で売掛金管理、買掛金管理などをはじめとする大部分の経理業務を行っているからです。

 日本の業務をサポートするためにSSCの中に日本人のスタッフがいることもありますが、大部分は日本語がまったくできないか、できても読み書きだけという、日本語ノン・ネイティブのスタッフです。これらのスタッフとやり取りするためにも英語力は必要です。さらにいえば、英語力だけではなく、海外のスタッフを効率的に使うために、いろいろな文化に対する理解力も必要です。

 一方、ビジネス・ファイナンスやFP&Aは、財務予算の策定、財務数値の分析、およびコントロールを行います。ここでいうコントロールは、コントローラーシップでいう過去の数字が正しく記録されることをコントロールする意味ではなく、これからの財務数字(売上、コストなど)をコントロールすることです。よって、ビジネス・ファイナンスの担当者は、ビジネス・コントローラーと呼ばれることもあります。

 事業部制の会社では、事業ごとにビジネス・コントローラーがアサインされ、各事業部の責任者と密接に連絡を取り合います。ビジネス・コントローラーのミッションは財務数値だけでなく、その背景にあるさまざまな状況を把握し、企業の戦略策定につなげること、そして、戦略の遂行を支援するための財務分析に基づきアドバイスを行うことです。