「30代にもなってフリフリの服を着たり、短めのスカートを素足で履いている友達。『私、若く見られちゃうんだよね』って言っているけど、どう考えてもお世辞ですから。あと、『街中で男の人に、じろじろ見られる』ってよく言ってるけど、それはファッションと年齢が不釣り合いなせいだと、誰か彼女に教えてあげてほしい」(30代/女性)

 こうした“拡声器型”の若さアピールは、誘導尋問しない分、周りへの害は少ないように感じる。しかし、リアクションに困ることには変わりない。

 髪型を変えたのに誰も気づいてくれないときに、「髪型変えたんだ~」と自分からアピールしてしまうことはよくあることだが、彼女たちも同じ心境なのだろうか。「もはや、自分で言うしかない!」という強い意思が感じられて、凛とした頼もしさすら漂っている。

 さらに、こんな上から目線の若さアピールも。

「先輩から、『○○ちゃんも、若いんだからもっとちゃんとメイクしたら? 今度、教えてあげようか?』と言われた。先輩のメイクは一世代古いので、『あなたに教えてもらうことは、何一つない』と思った」(20代/女性)

年齢当てクイズに、何歳と答えるのが正解?

 若さアピール女子の、もう一つ面倒臭いのは、いわゆる「年齢当てクイズ」をよく出題してくることだ。

「合コンなどで、『いくつに見えます?』と聞かれるのは、正直キツイですね。万が一、実年齢より高く言ってしまったら気まずいし……。若く言わなければいけないんだろうけど、なんでそこまで気を使わなければいけないんだという思いもあります」(30代/男性)

「いくつに見えます?」という質問は、ある程度、自分の容姿に自信がなければ出てこない。そんな彼女のプライドを傷つけずに、最良の答えを返すにはどうすればいいのか。