「中国政府は対日関係の発展を重視している――。理解とコンセンサスを増進し、矛盾と摩擦を管理・コントロールし、交流と協力を一歩一歩推進し、両国関係を正常な発展の軌道に戻すのだ」(李克強首相)

 これから、8月15日の終戦記念日、9月3日の“抗日戦争勝利”軍事パレードなど、政治的にセンシティブなイベントが続く。中国側は“安倍談話”の内容と文言に注意を払っている。

 今回李首相が谷内局長に会った背景には、安倍首相の8.15談話にプレッシャーをかけるという習近平国家主席の意思が反映されていたと私は見ている。中国としては、日本の高官に“異例の厚遇”を与えることによって、国内で政治的に遭遇する反発や不満よりも、“安倍談話”が中国側が想定した内容・文言と極端に乖離したものになることによって、対日関係を重視していきたいにもかかわらず、国内のナショナリズムに配慮する形で、日本に対して極端な不満や抗議を浴びせなければならない局面のほうを恐れているのではないか。

 9月3日の軍事パレードに関して、習近平国家主席が安倍晋三首相を招待したかどうか、招待状を受け取ったかどうかを巡って、日中各方面の情報は錯綜している。真実はいまだグレーゾーンを彷徨っているようだが、安倍首相が同パレードへの出席を含めて9月上旬に訪中することを、中国側が望んでいることは確かであると私は考えている。そして、李・谷内会談の実現はこの点を婉曲的に体現していた。

日本が米国から離れて
暴走することのほうが危険

 最後に、中国共産党は実際のところ、日本の安保関連法案の通過をどう見ているのだろうか。共産党内で対外政策を立案するミッションを抱える幹部に話を聞いてみた。

「警戒はする。安倍晋三という不確定要素をはらんだ政治家がこのアジェンダを引っ張っていることが、その理由だ。しかし、終戦70年が経ったいま、日本の安全保障政策が新たなフェーズに入ることは想定内だ。国際情勢も変化していることを考えればなおさらだ。しかも、今回の法案は、日本の対米従属をより一層強化するものだ。我々は、日本が米国のコントロール下にある状況を望む。米国とは話がしやすい。対米関係のマネジメントは、対日関係のそれよりもシンプルだ。日本が米国のコントロールから逃れることによって、暴走する局面のほうが危険だ」

 同幹部は続けて言った。

「私は個人的に日米同盟の強化を望んでいる」