私は質問者に「資金が必要なときに円高だったらどうしますか?」と尋ねてみたところ、「日本の国力、経済を考えると、きっと円安が進むに違いない」ときっぱり。「為替は読んではダメですよ。誰にもわからないのですから。使う時期が決まっているお金を為替リスクにさらしてはいけません」と私が答えて、その会話は終了した。

「日本株ファンドで通貨は米ドル」という投信を勧められている人もいた。仕組みが複雑な商品だし、日本に住んでいて日本株をなぜ米ドルで運用しなくてはいけないのか、まったく理解できないし、手数料も高いので、私のなかでは「買わなくていい商品」に分類される。こういう商品を「ただの日本株ファンドではない。為替でプラスアルファの儲けが期待できる」と勧められると、心がゆらぐ男性は多いのだろう。

 男性は「為替を読む」「必要時期がきたら勝負に出る」など、自分の裁量で何かできる部分が残されている商品に弱い。ただし、資産運用の知識を持ち、経験を積んでいる人は、勝負に出ようなど大それたことは考えない。

 今のように株価が好調だと、儲け話に誘われる機会が格段に増える。金融機関から商品勧誘を受ける前に、資産運用の入門書を1冊でもいいので読んでみよう。知識を持たずに投資をはじめるのは、丸腰で戦場に向かうようなもの。まっとうな専門家の本なら「高い手数料のものを勧められるままに買ってはいけない」と必ず書いてあるはずだ。