検診センターを2倍に拡張
待ち時間短縮、早期発見へ

――今後、病院長として取り組みたいことや課題を教えてください。

 まず、検診の待ち時間がかなり長くなっているので、検診センターを2倍に拡張します。これによって、もっと多くの人にがん検診を受けてもらい、早期発見をサポートしていきたいと考えています。

 また、がん研有明病院で培ってきたノウハウを生かし、がん医療に関わる優れた人材を育成するとともに、チーム医療の仕組みそのものを多くの病院に伝えていければと思っています。

 そして、次のステップに向かうための課題が、研究所への投資をいかに増やしていくかという点です。現在、研究所では、独自の治療技術や医療機器の開発に力を注いでいますが、このことが病院経営の利益向上にもつながり、相乗効果をもたらすと期待しています。

――地域のなかでのがん研有明病院の役割はどうお考えですか?

 地域病院との連携は積極的に行っていきたいと考えています。とくに、充実した緩和ケアの実現のためには地域の医療施設との連携が必須ですし、その方が患者やその家族にとっても幸せです。

 救急対応についても、地域病院と連携して、がんに関連した症例を中心に受け入れるようにしています。例えば、抗がん剤の副作用で重症になった場合などに、当院で救急対応します。