焦らなくてもいい。少年時代から鍛え上げた肉体的なアドバンテージに加え、彼らには、同世代の誰にも負けないボクシングキャリアと情熱がある。じっくり経験を積んでいけば、トップレベルのボクサーになっていくはずだ、と。

 だが、テレビ局は等身大の彼をとらえようとはせず、フレームアップしたままの姿をお茶の間に流し続けた。大阪のジムから高額の移籍金を払って東京の協栄ジムへ移籍すると、メディアへの露出はさらに増えた。「日本人選手と一人もやっていない」「対戦相手は弱いボクサーばかり」という批判をあびながらも、彼らは巧みなマッチメークで世界への距離を縮めていったのだ。

疑問が残るマッチメイクと、
疑惑の判定

 だが、初めての世界戦で、興毅選手はその未熟さを露呈してしまう。

 WBA世界ライトフライ級王座決定戦。本来ならライトフライ級で一度も戦っていない興毅選手が王座決定戦出場の権利を得るのもおかしければ、対戦相手がファン・ランダエタという一階級下の元チャンピオンというのも、不可思議な話だった。

 そこに、テレビマネーの介在があったことを否定することはできない。ランキングを調整して試合を成立させるには、多くの関係者の尽力が必要だっただろう。

 そして試合は、疑惑の判定となった。

 1ラウンドにダウンを奪われてダメージを受けた興毅選手は、その後打ち返すシーンもあったが、終盤に再び打ち込まれてダウン寸前に。勝者のコールを受けたものの、内容的には完敗だった。ボクシングジャーナリストを名乗る人たちのなかには、「微妙なラウンドでも10ー9にふりわける現在のルールでは亀田の勝ち」という声もあったが、そこには人気低迷にあえぐボクシング界が、亀田人気に頼ろうとしている印象が残った。

 その後、興毅選手は初防衛戦でランダエタ選手をアウトボクシングで返り討ちにしたあと、すぐにベルトを返上してしまう。1階級下のミニマム級あがりのボクサーと2度戦っただけで、同じ階級の強豪たちの挑戦を受けずに上の階級にあがる…。

 果たしてそれで、ライトフライ級の世界を制したことになるのだろうか。不可解なマッチメイクと判定による戴冠劇だったが、その返上劇にも、王者の矜恃があったとは思えない。そしてそうした一連の動きを、ボクシング界は容認してしまった。

 誤解をおそれずにいれば、この時点で日本のボクシング界は亀田家と心中したのだ。