既存のOfficeユーザーが
クラウド版に移行する意味は?

 さらに、従来はPCに特化していたマイクロソフトのOffice製品を、Office365ではスマートフォンやタブレットなどのモバイル端末にも本格的に対応させた。それによってどのような環境でも従来通り「Excel」や「PowerPoint」で仕事ができると説明する。モバイルでは出遅れたマイクロソフトだが、これから巻き返しを図っていくという。

 確かに、Office365を利用すれば、PCのOfficeソフトで作成したデータの共有やコミュニケーションツールの利用などで、機能は大幅に向上しそうだ。

 だが、従来のパッケージ版Officeを使っているユーザーには、とりあえずそのままで十分という人も多いはずだ。チャットやメッセンジャーなどのコミュニケーション手段は、すでにほかのものを使っているとしたら、あえてクラウド版に移行する意味を感じないかもしれない。既存のOfficeユーザーにとって、Office365を使う恩恵は何だろうか。

「人工知能」が生産性を高めてくれる

 ピティエ氏は、「Office365を使う最大のメリットは、人工知能による生産性向上の支援を受けられることです」と答えた。これはどういうことか。

 企業でOffice365を使っていくと、ドキュメントの利用記録はもちろん、各種のクラウドツールを使った社員間のメッセージなどのログやファイル共有のデータがすべて記録される。マイクロソフトでは、クラウド上に蓄積されるそれらの利用データを独自の人工知能(AI)が処理して、ユーザーの作業支援や、ユーザー同士のコラボレーションの促進に使おうとしているのだ。

 例えば多数のメールの優先順位を自動的に振り分けてくれたり、過去の作業の履歴から、現在している仕事の関連情報を類推して開く、といったことが実現されてくるというのだ。このクラウド上で仕事をしていれば、仕事の記録が貯まれば貯まるほど生産性が上がるというのが、今後のOffice365の重要な機能になるという。

 これが本当なら、クラウドが仕事の優秀なアシスタントになる日も近いかもしれない。働き方や働く場所が変わるなかで、いつどこにいても仕事の環境そのものが自分をサポートしてくれるというのは、かなりありがたいことになりそうだ。このようなAIによる援用を謳うシステムはIT企業各社が開発しているが、文書に関する作業やスカイプなどのクラウドアプリと連携する点で、マイクロソフトのAIはデータが貯まりやすいのではないだろうか。