橘玲

橘玲

作家

2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。著書に『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)、『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』『橘玲の中国私論』(以上ダイヤモンド社)『「言ってはいけない? --残酷すぎる真実』(新潮新書)などがある。メルマガ『世の中の仕組みと人生のデザイン』配信やダイヤモンド社との共同サイト『海外投資の歩き方』など精力的に活動の場を広げている。

ヨーロッパの極右や排外主義者はリベラルな社会が生み出した新たな「マイノリティ」だ【橘玲の世界投資見聞録】
「Siri、デモクラシーって何?」と問いたくなるイギリスの現状。議院内閣制か独裁制か? あるいはAIによる統治か?【橘玲の日々刻々】
人類はサバンナではなく水辺に移って進化したという「アクア説」がきわめて高い説得力を持つ理由【橘玲の世界投資見聞録】
イギリスの地方都市にふきだまる「下級国民」、チャヴは蔑まれ、嘲笑される白人の最貧困層【橘玲の世界投資見聞録】
イギリス版「非正規雇用」でアマゾン倉庫で働いてわかった、ブレクジットがイギリスの貧しい地方で熱烈に支持される理由【橘玲の世界投資見聞録】
国際空港が占拠された直後の香港で100万人規模のデモを裏で操る「組織者」の噂を聞いた【橘玲の世界投資見聞録】
帝国主義時代にアフリカで唯一独立を維持したエチオピア帝国とイタリアとの戦争、そして日本とのかかわりとは?【橘玲の世界投資見聞録】
参議院選を受けて再確認された、リベラルな若者が支持する自民や維新は「リベラル(改革政党)」で、高齢者が投票する立憲民主や共産党などの野党が「保守(守旧政党)」【橘玲の日々刻々】
カリブ海に生まれた「ラスタファリズム」という黒人宗教とボブ・マーリー、レゲエミュージックの数奇な歴史【橘玲の世界投資見聞録】

アクセスランキング

  • 1時間
  • 昨日
  • 1週間
  • 会員
TOP