NISA入門
2015年1月9日公開(2016年9月5日更新)
肥後 紀子

2016年版NISAのメリットとデメリットとは?
お得なNISAの活用術を伝授しよう!

おすすめNISA口座徹底比較!NISAのメリット・デメリット
おすすめNISA口座徹底比較!NISA口座の金融機関を変更する方法
おすすめNISA口座徹底比較!各社のNISA取引のスマホ対応
おすすめNISA口座徹底比較!正しいNISAの使い方
おすすめNISA口座徹底比較!NISA口座選びの4つのポイント
おすすめNISA口座徹底比較!2015年のNISAの注意点


2014年にスタートしたNISA(ニーサ・少額投資非課税口座)。口座開設数は16年3月末時点で1012万口座(7月8日金融庁発表)に達し、国民約13人に一人がNISA口座を開設している計算になる。とは言え、口座を開いただけで利用していないという人もいるのでは? 非課税投資枠が拡大されたり、子供向けの新制度が創設されたり、毎年少しずつ制度が変わるNISAを上手に活用できるように、NISA口座のメリット・デメリットを改めて押さえておきたい。

NISA口座は一人1年1口座。
非課税枠は年間120万円、最大600万円まで

 まずは、NISAとは何なのかを簡単に見ておこう。

 NISAはそもそも、国が推し進めたいと考えている「貯蓄から投資へ」の流れを支援するための制度。投資による利益を非課税にすることで、これまで投資をしたことがなかった人にも「やってみよう」と思わせて、個人投資家の裾野を広げるのが狙いだ。

 2016年版のNISA制度の主な内容は、以下のとおりだ。

1.1年に120万円までの新規投資の利益や配当金・分配金が全額非課税
2.非課税投資枠は最大で600万円(120万円×5年分)
3.投資対象は、国内外の株式と公募株式投信(金融機関によって取扱い商品は異なる)
4.非課税期間は投資した年を含めて5年間(次の非課税期間への繰り越しも可)
5.現状、NISAで新規投資ができるのは2023年まで
6.利用にはNISA口座が必要で、その年に開設・利用できるNISA口座は一人1口座のみ
7.NISA口座を開設できるのは20歳以上のみ(0~19歳のためには別途ジュニアNISA制度が創設された)

 では次に、NISAのメリットである1.の「1年に120万円までの新規投資の利益や配当金・分配金が全額非課税」の部分について、もう少し詳しく見ていこう。

譲渡益と配当金・分配金が
全額非課税になるのがメリット

 NISAで投資できるのは年間100万円までだが、投資に対する利益や配当金、分配金については制限なく非課税になる。これがNISAの唯一にして最大のメリットだ。

 現在、特定口座・一般口座では、株式や投資信託の利益に対して20.315%(所得税+復興特別所得税+住民税)が課税される。

 具体的な数字で比べてみよう。たとえば、株式を120万円分購入して、値上がりにより200万円になった時点で売却した場合。

●NISA口座
 200万円-120万円=譲渡益80万円(非課税なので全額もらえる)

●NISA以外(特定口座・一般口座)
 (200万円-120万円)×(100-20.315)%=税引き後63万7480円

●その差
 80万円-63万7480円=16万2520円!

 譲渡益が80万円の場合は、NISAとNISA以外で受け取り金額になんと16万円以上も差がつく。かかる税率は常に同じだが、利益の金額が大きくなるほど税金のインパクトも大きく感じられるだろう。

 NISA口座で投資した場合の非課税期間は原則5年で、売却はその間、いつでも自由に行なえる。また、5年経ってまだ保有していたい場合には、翌年のNISA枠に引き継ぎ(ロールオーバー)もできるし、通常の特定口座・一般口座に移管することもできる。

損益通算や損失繰り越しの不可などがデメリット

 NISAのデメリットには何があるだろうか。

【デメリットその1.損益通算ができない】

 株式や投資信託の利益と損失は、特定口座や一般口座であれば相殺が可能で、損益通算によって税金を減らせる。しかし、NISA口座で投資した分に関しては、この損益通算が一切使えない。

 こちらも、具体的に確認しよう。たとえば、A社の株式では100万円の利益が上がったが、B社の株式では40万円の損失が出てしまった場合。

●A社・B社ともNISA以外の口座で取引
 A社60万円の利益 - B社40万円の損失 = 差引20万円の利益
 課税対象20万円…20万円×20.315%=税金4万630円

●A社・B社ともNISA口座で取引
税金0円(NISA取引はもともと非課税のため)

 …なんだ、やっぱりNISA口座のほうが得じゃないかと思った人もいるだろう。しかし、片方がNISA口座でもう一方は通常の口座となると、数字は変わってくる可能性がある。

●A社が通常口座、B社がNISAの場合
 A社60万円の利益=課税対象60万円…60万円×20.315%=税金12万1890円
(B社はNISA口座での取引のため、損益通算ができない)

 12万1890円-4万630円=8万1260円。このケースでは、A社が通常口座でB社がNISA口座だと損益通算ができないことで、両方ともNISA以外の口座だったときに比べて8万円以上も税金が多くかかることになってしまった。

 もちろん、このケースでは両方をNISAで取引していたり、A社がNISAでB社は通常口座という組み合わせでも税金はかからないので、「損益通算ができない」ことが常にマイナスの結果になるとは限らない。しかし、通常の口座とNISAと両方で取引している人は、こうしたことがあり得る点は理解しておきたい。

【デメリットその2.損失の繰り越しもできない】

 通常の口座であれば、確定申告をすればその年の株や投信の損失を、翌年から3年間は繰り越すことができる。たとえば、2015年に80万円の損失を出して、2016年は60万円の利益を出した場合、損失繰り越しをすれば▲80万円+60万円=▲20万円となるため、2016年に60万円の利益があっても税金はかからない(確定申告が必須)。

 しかし、2015年の80万円の損失がNISA口座の取引分、2016年の60万円の利益が通常口座の取引によるものであれば、2016年の60万円には通常通り課税されるため、12万1890円の税金がかかってしまう。

【デメリットその3.代用有価証券としては使えない】

 これは、信用取引をしている人にのみ関係のある話だが、ほとんどの証券会社では保有している株式などの有価証券を信用取引の保証金代わりに8掛け程度で利用できる。しかし、NISA口座で保有している株式などは、代用有価証券としては使えない。資金を効率よく使って信用取引を行ないたい人にとっては少々デメリットと言えるかもしれない。

 主なデメリットは以上の3点だが、実はいずれも「NISAがきっかけで投資を始めた」という初心者にはあまり関係がない。デメリットを理解した上で、NISAで大きな損失を出さないように慎重に銘柄選びを行なうのが正しい方向と言えそうだ。

2016年スタートのジュニアNISA口座。
払い出し制限がある点に注意して使いたい

 2016年からは、新たに0~19歳までを対象としたジュニアNISAもスタートした。日本国内に住む未成年者(口座を開設しようとする年の1月1日現在で19歳以下)であれば、ジュニアNISA口座を開設できる。

 通常のNISA口座との主な違いは次のとおり。

1.非課税投資枠は年間80万円(NISAは120万円)
2.金融機関の変更は原則不可(NISAは年1回に限り可)
3.18歳までは原則途中払い出し不可(NISAはいつでも可)


 18歳まで払い出しができないことで、子供の将来の資産をじっくり育てることができる。一方で、急にお金が必要になったときに引き出しづらいのはデメリット。もし、途中で払い出した場合には、過去に遡ってジュニアNISAで運用して得たすべての利益に課税されてしまう。

 使い勝手は相対的にNISA口座のほうがよいが、子供名義の資産を作るという点ではジュニアNISAには一定の意味がある。世帯の中で、NISAとジュニアNISAの使い分けをしっかり考えることが重要だろう。

持ち越し不可の非課税枠、ロールオーバー時の
取得価格更新など気を付けたいポイントも

 最後に、NISAを利用する際に気を付けておきたいポイントをいくつか挙げておこう。

【ポイントその1非課税投資枠の120万円は繰り越しや再利用は不可

 年間120万円の非課税枠はその年のみ利用が可能で、余った枠があっても翌年に持ち越しての利用はできない。また、一度利用した非課税投資枠の再利用もできない。

【ポイントその2NISA口座を開設する金融機関は、1年に一度変更可能

 当初は、一度NISA口座を開設すると4年間は金融機関の変更ができなかった。しかし、制度が改正されて2015年以降は1年に一度金融機関の見直しが可能になった。ただし、変更したい年の非課税枠を一度も使用していないことが条件になる。変更手続きの期間は、変更したい年の前年10月1日から翌年(変更したい年)の9月30日まで。

【ポイントその35年後にロールオーバー・移管をした場合は、取得価格が更新される

 5年間の非課税期間終了後は、売却のほか、次の非課税期間へのロールオーバー、または特定口座・一般口座への移管が可能だが、どちらの場合も取得価格はその時点での時価で再計算される。特定・一般口座に移管した場合は、再計算が不利に働く(ざっくり言うと「買ったときよりは下がっているのに課税される」など)可能性があることは覚えておこう。

 デメリットや注意点ばかりが気になって、これまでNISAでの投資ができなかったという人もいるだろう。しかし、2割超もの税金がかかるとかからないでは大きな差。投資初心者であれば、まずは投信の少額積立から始めたり、10万円以下など投資金額の低い銘柄に投資したりして、様子を見てみるという方法もある。とにかく、「年間120万円までの投資の利益が全額費非課税」というメリットを無視してしまうのは非常にもったいない! 自分に合ったNISAの活用法をぜひ検討して欲しい。

>>ネット証券各社のNISA口座を比較してみた!はこちらをクリック

NISAに最適な証券会社とキャンペーンの最新情報が満載!NISAの最新情報はコチラ!
ネット証券口座人気ランキングはコチラ!
NISA口座を徹底比較!はコチラ
株主優待おすすめ情報はコチラ!
株主優待名人・桐谷さんの株主優待情報はコチラ!

【2016年12月1日更新!】
◆NISA口座の株式売買手数料や取扱商品、キャンペーンを徹底比較!
 NISA投資で利用すると得する、おすすめネット証券はココだ!

株式売買手数料
(税抜)
取扱商品
住民表取得代行の
無料サービスの有無
国内株 海外株 投資信託
◆マネックス証券
無料
米国株
中国株
900本以上
(300本以上は
販売手数料無料)
あり
(12月30日まで)
マネックス証券のNISA口座のおすすめポイント】
日本株の売買手数料が無料なのに加えて、海外株(海外ETF含む)も購入時の手数料が全額キャッシュバックされる(=実質無料)。NISA口座で国内株の売買手数料が無料になるネット証券会社は複数あるが、海外株(海外ETF含む)の買付手数料が無料になるのはマネックス証券だけ! 低コストでNISAのメリットを最大限生かせるのでおすすめだ。さらに今なら、投資信託の販売手数料が全額キャシュバックされるキャンペーンが実施中!(12月28日まで)
【関連記事】
◆マネックス証券のNISA口座は手数料が一番お得!国内株は無料、外国株も買付が無料のうえ、外国株やIPOの銘柄数も多いので、投資初心者におすすめ!
◆AKB48の4人が株式投資とNISAにチャレンジ!「株」&「投資信託」で資産倍増を目指せ!~第1回 証券会社を選ぼう~
◆マネックス証券おすすめのポイントはココだ!~日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
マネックス証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券
無料
米国株
中国株
アセアン株
2200本以上
(1000本以上は
販売手数料無料)
あり
(12月16日まで)
【楽天証券のNISA口座のおすすめポイント】
日本株の売買手数料が無料で、海外ETFの買付手数料も無料(売却時の手数料は必要となる)。海外株は米国、中国(香港)、アセアン各国と、幅広い銘柄が揃っている。さらに、投資信託のラインアップも2000本以上と充実しており、約半分は販売手数料が無料
【関連記事】
◆楽天証券おすすめのポイントはココだ!~使いやすいトレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が詳細で見やすい!
◆スマホでNISAの取引、株と投資信託などを売買できるネット証券のランキングを発表!~主要ネット証券のNISA取引スマホ対応状況~
楽天証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券
無料
米国株
中国株
韓国株
ロシア株
アセアン株
2200本以上
(1000本以上は
販売手数料無料)
あり
(12月31日まで)
【SBI証券のNISA口座のおすすめポイント】
日本株の売買手数料が無料、かつ海外ETFの買付手数料も無料(売却時の手数料は必要)。米国、中国(香港)、アセアン各国のほか、韓国、ロシアなど、NISA口座対応の海外株が充実しているので、海外株に投資したい人にはメリット大!
【関連記事】
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
◆SBI証券のおすすめポイントはココだ!~IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実のネット証券最大手
SBI証券の公式サイトはこちら
◆松井証券
無料 × 90本
(すべて販売手数料無料)
なし
【松井証券のNISA口座のおすすめポイント】
日本株の売買手数料が無料で、取り扱っているすべての投資信託の販売手数料も無料! 海外株の取り扱いはないが、国内ETF(上場投資信託)やREIT(不動産投資信託)の情報が充実しており、分散投資した場合の運用シミュレーション機能などは充実。顧客満足度調査でネット証券の中で1位になるなど、豊富な情報ツール、サポート体制も充実だ。
【関連記事】
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
◆松井証券のおすすめポイントはココだ!~松井証券の無料サービスと個性派投資情報を使いこなそう!
松井証券の公式サイトはこちら
◆GMOクリック証券
無料 × × なし
【GMOクリック証券のNISA口座のおすすめポイント】
ここ数年、急激に株式市場での売買代金シェアを増やし、ネット証券の5強に割って入るなど、個人投資家の支持を集めているGMOクリック証券。NISA対応はしていないが、FXやCFDなど、商品ラインアップが豊富なので、NISAを入口にさまざまな投資に挑戦したい人におすすめ
【関連記事】
◆GMOクリック証券のおすすめポイントはココだ!~コストが激安な上にツール、情報も充実して大手ネット証券に成長
◆GMOクリック証券の株アプリ/株roid/iClick株を徹底研究!~適時開示情報やアナリストレポートも過去90日分が読める!
GMOクリック証券の公式の公式サイトはこちら
◆カブドットコム証券
無料
(※買付時のみ。
売却時は
90~1170円)

× 1000本以上
(500本以上は
販売手数料無料)
あり
(3月31日まで。
代行サービスを
利用しない場合は
500円プレゼント)
【カブドットコム証券のNISA口座のおすすめポイント】
個別株は買付時のみ手数料無料だが、「MAXIS 日経225上場投信」など13のETFは売買手数料が無料! さらに、NISA口座を保有していると、一般口座(と特定口座)の現物株式売買手数料が最大5%割引になる「NISA割」もお得! 500円から個別株に投資できる「プチ株」や、「プチ株」を毎月積み立て投資できる「プレミアム積立」も利用可能で、資金が少ない初心者向き!(ただし、「プチ株」「プレミアム積立」の場合は通常の手数料が必要)
【関連記事】
◆カブドットコム証券のおすすめポイントはココだ!~無料の「フリーETF」や 最強銘柄選びツールの賢い使い方とは?
◆【カブドットコム証券の株アプリ/kabu.com for iPhone/Androidを徹底研究!】取扱い商品、特殊注文、テクニカル指標、すべてが充実のアプリ!
◆スマホでNISAの取引、株と投資信託などを売買できるネット証券のランキングを発表!~主要ネット証券のNISA取引スマホ対応状況~
カブドットコム証券の公式の公式サイトはこちら
◆SMBC日興証券
125~1500円
(約定代金による)
× 700本以上
(250本以上は
販売手数料無料)
あり
【SMBC日興証券のNISA口座のおすすめポイント】
証券会社でトップクラスのIPO取扱実績を誇り、NISA口座でもIPOに参加できるので、公募価格の数倍になることもあるIPO投資で非課税のメリットを生かせるかも! 東証に上場する銘柄のうち、約2200銘柄に1万円から1000円単位で投資ができる「キンカブ(金額・株数指定取引)」もあるので、NISAの限度額120万円をムダなく使えるのも魅力。リスク分散したい慎重派にもおすすめ。
【関連記事】
◆SMBC日興証券のおススメポイントはココだ!~信用完全無料、NISAや積立投資にも便利な株が小分けで買える「キンカブ」が利用できる
SMBC日興証券の公式の公式サイトはこちら
◆岡三オンライン証券
99~1000円
(約定代金による)
× 160本以上
(50本以上は
販売手数料無料)
なし
【岡三オンライン証券のNISA口座のおすすめポイント】
NISA口座の売買手数料が有料なのは残念だが、そもそも一般口座(と特定口座)の手数料はネット証券でも割安で、FXやCFD(くりっく株365)などの商品ランナップが充実しているので、NISAをきっかけにいろいろな投資をしたい人にはおすすめ。
【関連記事】
◆岡三オンライン証券のおすすめポイントはココだ!~個性的な「クライアント型」トレードツールと充実の投資情報が魅力!
岡三オンライン証券の公式の公式サイトはこちら
◆ライブスター証券
80~400円
(約定代金による)
× 1本
(ひふみプラスのみ。
販売手数料無料)
なし
【ライブスター証券のNISA口座のおすすめポイント】
顧客満足度調査の「ネット証券 手数料部門」で1位を獲得するなど、売買手数料の安さはネット証券でもピカイチ! NISA口座しか利用しない株式投資初心者には他のネット証券ほどメリットはないが、NISAをきっかけに長期的に投資を始めたいなら、手数料が安いライブスター証券はおすすめ!
【関連記事】
◆ライブスター証券のおすすめポイントはココだ!~日本株現物手数料はあらゆる価格帯で最安値
◆【ライブスター証券の株アプリ/livestar Sを徹底研究!】特殊注文&長期間の注文に対応。手数料の安さも魅力!
岡三オンライン証券の公式の公式サイトはこちら

 

優待名人の桐谷さんが「おすすめ」とお墨付き!
一般口座は約定代金10万円まで手数料無料、
NISA口座も手数料が無料!⇒関連記事はこちら

ザイ・オンラインおすすめのネット証券会社!松井証券の公式サイトはこちら

 

Special topics pr

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! [クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2016]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2016年版、クレジットカードのおすすめはコレ! その 【株主優待】最新の株主優待情報更新中! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き
ランキング
1カ月
1週間
24時間
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

17年の日本株講座
株主優待ベスト136
注目ふるさと納税64

1月号11月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

【266名様に当たる!株主優待品大プレゼント】
特大付録ふるさと納税駆け込み特産品64
2017年儲けるため日本株講座
・発表!高配当株超成長株の本命株ベスト20
・権利確定月別!株主優待ランキング136!
最高16%超優待&配当利回りベスト30
10万円以下も42!少額で買える優待株30
桐谷さんほか優待投資家15の優待満喫生活
少額でも勝てる本格上昇目前3万円株10
・読者の保有投信&ポートフォリオ激辛診断
NISAの枠を使い切るベスト投信22&株12
・トランプでどうなる米国株&買いの8銘柄
・今後3カ月間日本株&為替の透視図
・勝谷誠彦の1000万円株投資日記
AKB48 in NISA株&投信ファイト
・マンガ「恋する株式相場!」
・マンガ・「60~65歳の年金空白期の埋め方」
付録「1万円からできるラップ口座大解剖」

「ダイヤモンド・ザイ」の定期購読をされる方はコチラ!

>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

おすすめクレジットカード!ANAカードでマイルを貯める裏ワザとは? 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! クレジットカードに関するクチコミ情報大募集中!