ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

住商が巻き込まれた襲撃騒動
商社初100%権益投資の教訓

週刊ダイヤモンド編集部
2010年5月18日
著者・コラム紹介バックナンバー

 住友商事がボリビアで襲撃事件に巻き込まれた。

 4月中旬、住商が子会社を通じて保有するサンクリストバル鉱山をめぐり、鉱石の輸送事務所が地元住民に襲われたうえ、一時占拠される事態に陥ったのである。輸送用の鉄道、道路も封鎖され、鉱山は操業の縮小を余儀なくされた。

 政府や県に対し、地元へのロイヤルティ配分の引き上げや、インフラ整備を求めた抗議が行き過ぎたかたちで、怒りの矛先は住商側にも向けられた。襲撃、占拠、封鎖、なんとも物騒な言葉が並ぶが、総合商社が注力する権益投資では避けては通れない事件でもある。

 同鉱山は、亜鉛生産世界第6位、ボリビアの輸出総額の10%超を占める一大事業だ。総合商社としては初の100%権益でもある。

 住商側は開発に当たって、「かなり積極的に地域支援を行ってきた」と自負する。ただ、支援に慣れた地元住民からの要求は往々にしてエスカレートしがちである。

 そのため権益投資では、地元の住民対策が不可欠。いかに地域と折り合いをつけつつ、開発を進められるか、誠実なだけでなく、したたかで周到な戦略が必要となる。

 権益保有は、仕切り役のオペレーターとノンオペレーターに大別されるが、総合商社の権益投資は大半がノンオペレーターだった。オペレーターとして事業を運営する住商にとって、地元対策のノウハウはまだ乏しい。

 米国では今、メキシコ湾の原油流出事故が大々的に報じられているが、10%出資している三井物産の幹部は「オペレーターとして参画していたら、対応できなかったのでは……」と吐露する。

 ボリビアの事件では、占拠、封鎖は解かれたが、いつまた過激化してもおかしくない。100%権益は失敗がすべて自社に跳ね返ってくる。今回の経験を生かせるか、今はノウハウを積み上げていくしかない。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 山口圭介)

週刊ダイヤモンド

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧