ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
中国ECビジネスレポート 齋藤 勉

来場者20万人、成約取引10億元(約125億円)!
タオバオ主催“リアルな展示会”の侮れない効果
~「ネット商品交易会IN杭州」現地レポート

齋藤 勉 [株式会社アジアコープ代表取締役]
【第1回】 2010年10月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 中国最大のネットショッピングモール「タオバオ(淘宝網)」と、その親会社「アリババ(阿里巴巴)」が共催する「ネット商品交易会(Net Products Fair)」が、9月10日から3日間にわたり、同企業グループの本拠地がある中国浙江省・杭州市で開催された。

ネット商品交易会には20万人が訪れた。

 「ネット商品」とはタオバオの造語で、主にネット上で取引される流行商品を指す。「交易」とは中国語で「取引」のことだ。中国ECビジネスを手がける筆者も、中国で話題を呼ぶこのリアルな展示会の実態をこの目で確かようと、同地まで足を運んだ。

 アリババ・グループの公式発表によると、今回の交易会には、約1000社(中国国内企業800社、海外企業200社)が出展、商品数は約30万点、出来場者は約20万人に達した。そのうち5万人は新商品の仕入れにやって来たタオバオで店舗を営むバイヤー、残りの15万人は見学や買い物目的で訪れた地元杭州周辺の一般ユーザーだという。

 ネット商品交易会は、タオバオ・アリババのユーザーが、売り手・買い手ともに新たな商機を求めて集まる“BtoBの商談会”であると同時に、一般ユーザーが買い物や催しを楽しむイベントでもあるのだ。会場は概ね活況を呈していた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

齋藤 勉 [株式会社アジアコープ代表取締役]

株式会社アジアコープ代表取締役。千葉県出身。03年より上海にて現地の日系広告会社の現地代表として勤務し、現地日本語フリーマガジン「コンシェルジュ上海」や複数の中国関連媒体の立上げに携わる。09年に帰国、株式会社アジアコープを設立し、主にECを活用した日本企業の中国進出支援業務を推進中。⇒執筆者へのメールはこちら 連載協力:上海TU(上海斉優商務諮詢有限公司

 


中国ECビジネスレポート 齋藤 勉

中国ECビジネスの最新情報をレポート。中国現地でECビジネスを実践する上で価値のある情報に主眼に置き、淘宝网(タオバオ)の運営ノウハウや最新トレンド、中国IT・ネット広告の動向、現地EC事業者へのインタビュー、成功事例等をお伝えします。※連載協力:上海TU

「中国ECビジネスレポート 齋藤 勉」

⇒バックナンバー一覧