見た目を重視しすぎない
あえて写真を見ないのも手

 そして、最後のコツは、見た目を重視しすぎないことだ。

 女性の場合に気にしがちな見た目は「身長」「体重」「頭髪」だ。つまり、チビ・デブ・ハゲは写真選考ではじかれていく。

 そこで私はあえて言いたい。チビ・デブ・ハゲを狙え、と。

 見た目で落とされているが、他の条件がすこぶる良い人が売れ残っていることが多く、穴場だからなのである。外見は見劣りする部分と感じても、会ってみるとすごく誠実な人柄であったり、女性を大切にしてくれる人が多いのが私の経験上からいえる。

 顔写真を登録していない人も狙うと良いだろう。

 何らかの事情があり顔写真を登録していないのだろうが、このヤフーオークション状態になったときに写真が出ていない人は避けられてしまうものである。こういう人の中に、意外や意外、良い条件の人とめぐり逢うこともあるのだ。

 私の知る女性の中で、有名医大出身の女医で、お見合い検索サイトでは顔が出ていない人ばかりに申し込むという人がいた。彼女いわく、「顔がついていると先入観が出る」とのこと。お見合い当日いざ会ってみると、素敵な人が多かったそうだ。

 私はこれらの作業を「活動のチェンジアップ」と名付けているが、このチェンジアップは非常に有効である。これらのテクニックを駆使することで、様々な人と会うことができ、自身の結婚観を見直すいい機会にもなり得るからだ。年齢や今後の人生を考えると、ナイーブになってしまい、自身の結婚観・人生観を見失う人も多い。そんな人たちは一度思いきって活動方法をかえてみてはいかがだろうか。

 次回もお見合い検索サイトの歩き方をもう少し伝授していこうと思う。

(結婚相談所マリーミー代表 植草美幸)