本連載が新刊『なぜ一流のリーダーは東京ー大阪間を飛行機で移動するのか』(本体800円+税)にまとめられ、2016年11月2日に発売されました。「一流のリーダー」たちに共通する、多くの人とは異なる彼ら特有の考え方、発想法、仕事の仕方、生き方とは?

 時間を言い訳にしないリーダーたちは、朝、出社してすぐにパソコンに向かい、驚くようなスピードで仕事を進めていきます。出社した直後の集中力は、他の人を寄せ付けないほどの迫力があります。

 朝は頭も体も動かないので、とりあえずコーヒーでも飲みながら何をするかを考えよう、などという人は一人もいません。

 彼らは、通勤の途中で、今日の仕事の優先事項は何なのか、どの仕事をどういう順番で行うのか、誰にいつ話しをするのか、などをすでに考えているのです。ですから、席についた瞬間から集中して、時間を無駄に使うことなく仕事に取りかかることができます。

 こうして「セルフマネジメント」を行っているからこそ、「時間がない」という事態も回避できていたのです。

 時間は無限ではない。

 誰もが知っていることなのに、私たちはつい、日常生活のなかでそのことを忘れがちです。そして、相手の時間への配慮を忘れ、自分の時間も無駄に使ってしまうのです。

限りある時間を
あなたはどう使いますか?

 誰にでも平等に流れている「時間」ですが、その使い方は千差万別。限りある時間をどう使うか――。

 時間には限りがあり、とても重要な資産であることに、どれだけ早く気づくことができるかで、その人の仕事も人生も大きく変わってきます。時間をどう使うかは、仕事だけでなく生き方にも直結するのです。

 自分の時間の大切さがわかると、相手の時間にも配慮できるようになります。そして、時間を無駄にしない行動が、自然とできるようになっていきます。

 1日24時間。限られた時間を、あなたはどのように使いたいですか?

(株式会社リンクCEO 人材育成コンサルタント 一流秘書養成スクール校長 能町光香)