<注①~③>

★ 注①『国際放射線防護委員会の2007年勧告』(日本アイソトープ協会訳刊、2009)
★ 注② 放射線審議会の中間報告
★ 注③ LNTモデル(しきい値なし)についても、これを認めないアンチICRPの専門家がいて、市民の理解が混乱する要因となっている。つまり、低線量ならばたいしたことはないとする専門家と、低線量でもガン誘発のリスクはあるとする専門家の対立である。