ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

現金好き日本人に
デジタル決済をどうやって使わせるか

――PayPal日本法人代表に聞く

大河原克行
【第146回】 2017年5月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

企業がPayPalを利用するメリットを
積極的に打ち出す

――その市場にどうやって打って出るのですか。

曽根 それに対する回答は明確です。最初に我々が、企業と消費者のどちらに対して付加価値を提供すべきかと考えれば、それは企業です。企業にフォーカスし、カバレッジを最大限広げることで、消費者の利用頻度を高めることになります。まずは加盟店を増やさないと、消費者の増加率は限定的になります。加盟店を増やし、そこで利用していただいた消費者に対して、次にも利用していただけるような仕掛けをしていくということになります。そのための具体的な施策が、ログインをスキップして支払いが可能な「ワンタッチ」などのサービスということになります。

――PayPalの特徴とはなんでしょうか。

曽根 クレジットカード会社は、加盟店を開拓する際に、事前に審査をします。どんなビジネスをやっていて、どれぐらいの価格帯のものを販売していて、どれぐらいのトランザクションボリュームがあり、そして、最終的には、取引ができる保証される企業であるのかどうかを審査することになります。その審査を通った個人や企業だけが使えるようになります。

 しかし、PayPalの仕組みは、これとは逆で、まずはどんな人でも利用してもらえるというのが前提になります。実際に取引が発生したあとに、その取引の内容をもって、審査を行うという仕組みです。しかも、無償で利用ができる。初めから間口を広げておいて、そこから絞り込んでいくという方法なのです。どんな人にも、公平な利用機会を提供することで、加盟店の幅も広げていくことができます。PayPalがこうした仕組みを採用できるのは、業界の慣習やしがらみなどを気にせずに、デジタル決済の仕組みを提供できるからであり、これは他社にはなかなかできないことだと考えています。

 PayPalは、200以上の国と地域において、100通貨以上での決済が可能で、56通貨での銀行口座への入金や、25通貨(日本では22通貨)での支払いの受け取りが可能なオンライン決済サービスです。全世界で2億300万人以上の人々が利用しています。

 日本でも、北海道の温泉リゾートを展開する「鶴雅グループ」がPayPalを導入したのを皮切りに、旅館などの宿泊施設においてPayPalの導入が拡大しています。昨年には、一般社団法人日本旅館協会と協業し、同協会の会員施設が自社サイトでPayPalによる決済を導入できるように全面的にサポートを行っています。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

大河原克行


IT&ビジネス 業界ウォッチ

IT業界で話題の新サービス・新製品のニュース、これから話題になりそうな新ツール、知っておきたい各種の統計調査……などなど、経営効率化に寄与するIT業界の今のうごきをレポートします。

「IT&ビジネス 業界ウォッチ」

⇒バックナンバー一覧