ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

カプコンの開発統括トップ、一井克彦専務に聞く
世界市場での闘い方とゲーム業界の真のチャレンジ

石島照代 [ジャーナリスト]
【第20回】 2011年8月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
7
nextpage

石島:確かに「ストリートファイター × 鉄拳」もそれなりの存在感がありましたが、今年は、EAが凄かったですね。ハードメーカーのカンファレンスではEA SportsのPeter Moore Presidentの顔を多く見たような気がしますし、なおかつ任天堂のカンファレンスのトリにEA のJohn Riccitiello CEOが初登壇したときは、「今年はEA Showなの?」と思ったくらいです。

一井:ハードメーカーのカンファレンスには“今年の主役”が出てきますからね。カプコンがそこに出られたか否かは、本当に重要です。だから、今年のE3は「絶対トップグループに追い付いていかないと」、と思えるいい刺激になりました。次のE3では「すごいねぇ」って言われるタイトルをご紹介したいし、もっといえば毎回のE3で存在感をお見せしたい。来年はご期待いただければ、と思います。

石島:カプコンは日本で「モンスターハンター」や「逆転裁判」などのヒット作品があるから、日本市場だけで十分じゃないかという声もあります。

一井:先ほどの話からもお分かりの通り、ネット時代のコンテンツビジネスの市場観はワールドワイドが基本だと思います。ですから、カプコンは歯をくいしばってでも、世界のトップグループに入ってなきゃいけない。もちろん、作るタイトルの全部が全部そういうものというわけにはいきませんが、アイデアが斬新なものも織り交ぜながら、いいタイトルを作っていければ、と思っています。

石島:新ハードもふたつ発表されました。まずは、ソニーの「PS Vita(プレイステーション・ヴィータ)」から感想を聞かせてください。

一井:ポテンシャルは、相当高いと思います。まずはハード自体のビジュアルが素晴らしいし、タッチスクリーンがあって裏も触れて、Wi-Fiや3Gがついて、作る側のインスピレーションを刺激する要素は満載だと思います。

 値段もいいショックでしたね。Wi-Fi版が2万4980円、Wi-Fi+3Gが2万9980円ですよね。正直言って、もっと値段が高いと予想していました。あと5000円ずつくらいは高いかなと。そう考えると、ビジネス環境も整った感じですよね。

 実は、カプコンは過去をふりかえるとハード発売と同時にあまりタイトルを出せていない。でも、そういうところも頑張って追い付いていこうって、最近はみんなで盛り上がっています。PSPの経験を生かしつつ、カプコンとしてしっかりしたラインナップをPS Vitaに対しても用意していきたいですね。

previous page
7
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧