あるバーの開店10周年を記念したパーティーで、マジックを見た。

「これから、ちょっとした脱出劇をしてみようと思います」

 若いマジシャンはそう言うと、ヒモを結んで輪を作り、自分の両親指をその中に通した。そして、客のひとりに向かってこう頼んだ。

「このヒモを縛って、わたしの指が抜けないようにしてください」

 縛った両手に客がハンカチをかけた、と思った瞬間、

「もうちょっとこっちです」

 右手が出てきて、ハンカチの位置を調整する。

「ん?」「あれ?」「どうして?」と思う不思議が繰り返されたところで、彼が3本の指を示して「ワン、ツー、スリー」と数える。

 すると、今度はハンカチの中からあるはずのないワイングラスが現れた。

「10周年、おめでとうございます」

 彼が乾杯のジェスチャーをして控えめに中の飲み物を口に含むと、酔客から大きな拍手が湧いた。

高級レストランでマジックを披露
きっかけは前田知洋氏のライブ

日向さんの「ご褒美」ランチ。先に運ばれてきたサラダとパン、グッシーニを撮影。「血糖値が急上昇しないよう、食事の時にはなるべく先に野菜を摂るようにしている」とか。
メインは仔牛のラグーソースがかかったピチというパスタ。「体を冷やし過ぎないよう、夏場でもアイスコーヒーはなるべく飲まないようにしている」。乾燥した季節には、マスクをして寝ることもあるそうだ。

「うん、おいしいですね」

 仔牛のラグーソースがかかったピチを食べながら、マジシャンの日向大祐さん(32歳)が言う。ピチとは、イタリアトスカーナ地方に伝わる伝統のパスタである。

 彼を取材したのは、バーで初めて彼のマジックを見てから数ヵ月後のことだった。待ち合わせたのは、東京・有楽町にある高級イタリアンレストラン。内外の賓客も数多く訪れるこの店で、日向さんは現在、不定期にマジックのパフォーマンスをしている。

「ところで、ステージはどこですか?」

 店内を見回しても、それらしきものは見あたらなかった。その様子を見て、日向さんがこう解説する。

「レストランでマジックをする場合、多くはマジシャンがお客様のテーブルを回るんです」

「それはその……結婚式のキャンドルサービスみたいなものですか?」

「……ま、そんな感じで」