24時間単位で加入できる!
幅広い保証対象も魅力

 パソコン、スマホ、カメラ、プリンター、レコーダーなどのデジタル家電は、24時間39円から50円程度。テレビ、エアコン、電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機などの生活家電は24時間19円から加入できる。

「24時間単位で加入できるのが大きな特徴です。例えば、趣味で写真を撮る方は、デジタル一眼レフカメラを休日だけ使っているというケースも多いと思います。アプリですぐに保険に入れますので、使う日だけ加入すれば、かなりの節約になると思います。また機器を友人や知人に貸し出す場合も、その期間だけ入ることができます」(株式会社Warrantee 代表取締役・庄野裕介さん、以下同)

 民泊を営む事業者からの相談も増えているという。外国人の宿泊客が多いので、部屋に設置しているテレビやエアコン、冷蔵庫、電子レンジなどの使い方に不慣れで、うっかり誤操作してしまい、故障につながるケースがある。そのため、宿泊時だけ保険に入れないかという相談だ。

便利な「家電保険が」スタート、保証書紛失も怖くない!

 家電量販店が行っている3年や5年といった独自の延長補償は、法律によって機器を購入したタイミングでしか加入できない制度になっている。しかし、Warrantee Nowではいつでも加入することが可能。たとえ数年前に購入した製品でも大丈夫だ。

 その上、これまでの保険では対象外とされていた画面割れのような破損や汚損、水濡れもカバーしてくれる。保証期間は、対象機器の発売後10年間という、従来の保険にはなかった長期間となっている。