日本仕様のガソリンエンジンを搭載したフォレスター(2.0XT EyeSight) Photo:SUBARU

スバルとホンダがDE車を見直し
欧州「脱ディーゼル化」の波紋

 スバルは9月上旬、2020年までにディーゼルエンジン(DE)車の生産・販売から撤退する方針を固めた。現在はフォレスター、アウトバックに2リットル水平対向DEを搭載し欧州を中心に販売しているが、次期モデルはDEの搭載をやめる方針だ。また、ホンダも英国工場で生産しているCR-VのDE車を生産中止にする方針。欧州の乗用車新車販売台数は約半数DE車(16年)だったが、最近はDEへの風当たりが強い。

 スバルは世界初の水平対向DEを08年に実用化し、欧州市場に投入した。技術的評価は高く、とくにドイツはBMWのDE車などと並ぶプレミアムDEという位置付けを得ている。しかし、生産基数が少ないためコストが割高になり、スバルが意図したほどの販売台数にはなっていない。また、近年は欧州でのDE排ガス規制強化により、生産コストの上昇が避けられなくなった。これも撤退の理由と思われる。オーストラリアに出荷されているDE車は、2020年度をめどに打ち切る方針。

 ホンダも欧州でのDE車生産・販売を段階的に縮小する方針だ。英国工場は生産台数の約20%がDEだが、このうちCR-VのDEを打ち切る。シビックとアコードはDE需要があるので生産・販売を継続するが、25年までには欧州販売車の3分の2をハイブリッド車またはEV(電気自動車)に切り替える方針をすでに打ち出している。