Photo:SUZUKI

日産、スバルが辞退する中
スズキの「スイフト」に栄冠

 RJC(自動車研究者ジャーナリスト会議)は、11月14日に栃木の「ツインリンクもてぎ」で第27回(2018年次)カーオブザイヤーの最終選考会を開き、公開開票によってスズキの「スイフト・シリーズ」を選んだ。

 2016年11月~2017年10月に発表・発売された年間のカーオブザイヤーを決める今回の選考だが、ノミネート直前で日産の工場完成検査員の無資格問題が起きたことで日産が辞退し、続いてノミネートされていたスバルが同様の検査問題で辞退する事態となった。有力候補のメーカー2社が辞退という異例な状況下でのカーオブザイヤー選定となったのである。

 特に「新型リーフ」を発表した日産の電気自動車(EV)は、初代から大きく進化を遂げた、この2代目のEVリーフで密かにカーオブザイヤーを狙っていた。それだけに社内のショックは大きかったようだ。それも無資格問題による西川廣人社長の謝罪会見の日(10月2日)が新型リーフの発売開始日という皮肉な事態でもあった。

 受賞が有望視されていた新型EVリーフが選考対象から外れたことで、一部には「本命なきカーオブザイヤー」との声も上がったのである。

 それはともあれ、スズキのスイフトが「2018年次RJCカーオブザイヤー」の最終選考では、他を大きく引き離して票を集めて受賞する結果となった。

「本場の欧州車に負けないものを」という気概
「世界戦略車」としての位置づけを評価

 スイフトは、スズキにとって「軽自動車のスズキ」からコンパクトカーで日本市場のみならず「本場のヨーロッパ車に負けないものを…」との気概で開発してきたクルマである。