もちろん、高級時計なので凝っているだけではなく、品質にも細心の注意を払っている。ティレットに使用するメテオライトは、スウェーデン北部で採れるものだけを使っている。しかも、内包物(黒い点)が少ないもので、ニッケルの量が程よいものに限られる。メテオライトは、ニッケルの量が多過ぎても少な過ぎても綺麗な形にならないのだという。とても繊細な素材選びを行っているのだ。

 それほどダニエル・ラザーさんが素材を大切にするのには理由がある。実は、彼のキャリアのスタートはジュエリーデザイナーだったのである。

「1985年からデザイナーとしてジュエリーブランドに参画していました。時計を作るようになったのは、99年からですね。実は、その年あたりから、ジュエリーの世界がちょっと不況になったのです。それで、時計をやってみないかということになり、腕時計をデザインすることになりました」

 ジュエリーデザインからウォッチデザインへ。腕時計もアクセサリー的な要素を多分に含んでいるのだが、やってみると全然違うものだったようだ。

「大きく違いましたね。ジュエリーは、デザインして生産するまで4カ月くらいあればできてしまう。とてもシンプルなのです。それに比べ腕時計は、デザインを考えて、ムーブメントの可動域や薄さなど、考える要素がたくさんあります。だから、大体完成まで2年はかかります。完成した時の満足度が全然違いますね」

 現在、腕時計のトレンドは、小さく、薄くという方向である。しかし、ティレットのモデルはその真逆で、大きく、厚いものが多い。それについては、

「タイムレスにずっと使い続けることができる価値のある時計を作っていきたいと思っています。好きか嫌いかは置いといて、興味の対象になる個性的なデザインのため、間違いなくカンバセーションピースになりますので、そういったところがティレットの特徴だと思ってます」

 まったくブレない時計づくりこそ、ティレットというブランドの最大の強味なのである。


ビッググローブ
TEL:03-3401-8006