写真はイメージです

恋人がいないクリスマスは寂しい?

 今年もクリスマスがやってくる。日本のクリスマスといえば、恋人同士のイベントという意味合いが強い。恋人がいる人はディナーの予約やプレゼント選びに頭を悩ませ、恋人がいない人はなんとか予定を埋めようと計画を立てている頃ではないか。

 クリスマスに恋人がいないのは負け組。そう考える人も多いはずだ。さながら“クリスマス狂想曲”ともいえる状況が、日本では長いこと当たり前に続いている。

 しかし、最近ではそんな雰囲気に変化の兆しが見えている。KDDIが10~40代の独身男女1000人に実施した調査によると、今年のクリスマスについて「恋人がいなくても焦っていない」と回答した人が90%を超えたという。また、恋人がいない人の90%以上が、「クリスマスは、いつも通りの生活をする」と回答しているというのだ。

 さらに、楽天リサーチが20~60代の男女1000人に実施した調査によると、クリスマスプレゼントにかける金額の平均は8959円と、かなり常識的(費用を抑えた)な数字となっている。数ヵ月前からシティーホテルを予約し、夜はシャンパンを開け、高価なプレゼントを贈る――。そんなバブリーな日本のクリスマス像は、すでに過去のものになったのであろうか。