トップ5にランクインした企業のうち、2位のサントリーホールディングス、4位の伊藤忠商事と、2社が大阪発祥の企業。両社とも今から100年以上前の19世紀後半に関西を拠点に商人として活躍した創業者が興したのが始まりです。その「商売魂」が今でも社風として脈々と受け継がれており、仕事でチャレンジをしたい人には、そのチャンスが開かれていることが社員クチコミから見えてきます。

サントリーホールディングスの社員クチコミ

「『やってみなはれ』の文化は、今も根強く残っており、上司から『やらないこと』を怒られることはあっても、 『やってできなかったこと』を怒られることはまずない」(企画、女性)
「『やってみなはれ』の精神のもと、士気が高い社員が多い。元々は関西系の会社だけあって、ノリもいい」(営業、女性)

伊藤忠商事の社員クチコミ

「世間の評価通りの野武士集団、個人商店の集まり。若手の時から多くの裁量権が与えられている。ある程度、具体的にやりたい、創りたい商売が見えている人はやりがいも感じるし、やりやすい環境」(営業、男性)
「基本的には『稼げる人間ほど上に行く』という信賞必罰のカルチャー」(職能、男性)

 続いて15位に入ったブラザー工業を見ていきましょう。ブラザー工業は名古屋を拠点とする電機メーカー。1908(明治41)年、ミシンの修理業からスタートしたブラザー工業は現在、プリンターなどのメーカーとして知られていますが、実は売上の8割が海外というグローバル企業です。主力である事業を時代に合わせてシフトしてきたブラザー工業の成長の秘訣はどこにあるのでしょうか。

ブラザー工業の社員クチコミ

「変革の途中でありこの5年が大きな転機となると思います。売り上げのほとんどが海外と言うこともあり、海外出張や出向を積極的に進めております。グローバルで活躍しようと思う人には最適な会社です」(開発管理、男性)
「基本的に上司も先輩も良い人が多い。特に上級職には「さん付け」で呼ぶ文化であり、堅苦しい雰囲気がないのが特長」(営業、女性)