北見 お気持ちはわかりますが、一応、戦略系のシミュレーションゲームなので、1回のプレイでのんびり全部盛り込もうとすると勝てないように作っています。ただ、最近の作品では、できることが増えた分、自分の忙しさとか考えるとなかなか、手が出せないという方もいらっしゃるでしょうね。

長谷川 AIエディタ、最初は全然使ってなかったんですよ。でも領地が広がってやることが増えていくと、あいつに助けてもらわないとしんどいってなって、補助的に使うようになりました。

北見 はい。新しい遊びを創りだすというのもテーマですが、もちろん、らくちんプレイにもお使いいただけます(笑)。

長谷川 でも、ちゃんと設定しないと、いらない奴をとってきたり、攻められてるのに暢気に「お前に茶の湯を教えてやろう」とかやってたりする(笑)。だからカスタマイズ必須ですよね。あのへんはこれから先いろいろやりようがあるんだろうなって思います。

北見 はい、色々と試していただきたいです。あと、今回、ゆるーくプレイしたい方向けにオートクルーズで楽しめる機能をつけたので、ぜひAIエディタもつかってプレイしていただきたいです(笑)。

 今回、こういう風に、「信長」が好きな方とお話しするっていうのはとても刺激になっていいなぁと思いました。直にプレイされている方々のお話をお聞きする機会はなかなかないんですよね。待っていただけているっていう実感ができてすごく励みになりました。これから先も頑張っていきたいと思います。今日はありがとうございました。