男っぽさのアピールが少ないと考えた私は、彼にアドバイスしました。カウンセリングの際、実際にお見合いで着ている洋服を着てきてもらい、それに合わせた小物を用意してもらおうと思ったのです。

 チェックをしたところ、高校生のときに買ったのであろう時計をしており、着ていた洋服には全くマッチしておらず、時計だけが強烈な違和感を放っていました。

 そこで、洋服に合った時計をアドバイスしました。彼はその時計を買い、デートのときにつけていってチラ見せしたところ、デートは非常にうまくいったそうです。彼は、その彼女と無事ゴールイン。今でも、結婚できた思い出の時計として、大切にしているといいます。

 ということで、手首のアピールについて。手首なら、やはり「時計」がマストアイテム。ブランドは、セイコーが無難です。30〜40代ならローレックス、ブルガリ、カルティエなどのブランド物もおすすめ。とはいえ、洋服にマッチしていれば、決して高いものでなくてもかまいません。

 手首のアピールについて、デートの際に簡単に使える技があります。座っているときにテーブルに肘をつき、Yシャツから出る手首をチラッと見せること。手首の筋が浮き上がって見えることで、女性はドキドキしますよ。お試しあれ。

何を選べば分からなければ
一流ホテルか一流車の販売店へ行け

 とはいえ、「センスが悪いから、何を選べばいいか分からない」という男性もいることでしょう。そういう人は、帝国ホテルやホテルオークラなど、一流ホテルのフロントマンに学びましょう。

 よくよく見ると、男性らしさを醸し出す小物使いで、それらの小物が正しい位置にセットされていることが分かります。まずは、彼らのまねをしてみましょう。同じ理由で、ベンツを扱っているヤナセなど、一流車の販売店に行ってみるのもおすすめです。

 こうして“コーディネート力”を向上させていけば、あなたもモテるサラリーマンになれること請け合いです。

(結婚相談所マリーミー代表 植草美幸)