学生生活を卒業し、春から社会人生活がスタートする新入社員の皆さんに、今知っておくと入社後に大きな差がつく「仕事の基本」を、『入社1年目の教科書』著者の岩瀬大輔氏が解説します。
社会人としての「勝負どころ」は、入社1年目、転職1年目、異動による着任初日など、最初に訪れる機会です。新卒入社であれ中途入社であれ、新たに組織に加わった人のことは、周囲の人たちはよく見ていますし、評判は瞬く間に社内外に伝播します。ここでしっかりチャンスをつかむために、ぜひとも3つの原則と50のルールを押さえておきましょう。(まとめ/編集部)

入社1年目のあなたが最初に目指すところはどこか? Photo:milatas-Fotolia.com

社会人としての「勝負どころ」は初日

岩瀬大輔氏岩瀬大輔(いわせ・だいすけ)ライフネット生命保険株式会社 代表取締役社長。1976年埼玉県生まれ。東京大学法学部を卒業後、ボストン コンサルティング グループ等を経て、ハーバード大学経営大学院に留学。同校を日本人では4人目となる上位5%の成績で修了(ベイカー・スカラー)。2006年、副社長としてライフネット生命保険を立ち上げる。2013年6月より現職。著書は『入社1年目の教科書』入社1年目の教科書 ワークブック』(ダイヤモンド社)など多数。
(撮影/佐久間ナオヒト)

 学生生活を卒業し、新たに社会人としての生活をはじめる皆さんへ。私からの応援メッセージとして、「入社1日目」から心がけたいことについてお伝えします。

 社会人としての「勝負どころ」は、入社1年目、転職1年目、異動による着任初日など、最初に訪れる機会です。
 人間が抱く印象は、初めての機会でほぼ形成されます。最初に良い印象を与えられれば、次の仕事の依頼は難なく回ってきます。そこで良い仕事をすれば、さらにダイナミックな仕事を任せてもらえる機会が訪れ、その人は急速に成長していきます。

 といっても、いつ「勝負どころ」が訪れるかを予測することは容易ではありません。最初に訪れたチャンスをつかみ、ベストの働きをするためには、十分な準備をする以外にできることはありません。
 来るべき「勝負どころ」をつかみ、近い将来飛躍できる人になるためには、準備の方法を理解し、それらを実践する以外にないと思います。

 お伝えしたい「準備」とは、次の3つの原則50のルールです。

 私は大学を卒業後、外資系企業に勤務、その後転職を経験し、20代後半で社会人MBA留学をしました。さらにその後、30代で起業をしました。まさに20代、30代を高速スピードで駆け抜けている感じ。自覚はありませんが、周りからはこう言われます。

 様々な経験を踏まえて今振り返ると、組織は変わっても僕の中で変わらない「芯」のようなものがありました。それが次に紹介する3つの原則でした。この原則は今も変わりません。いずれも、仕事に取り組む際に大切にしてきているものです。

 さっそく見ていきましょう。