ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

直近決算の営業利益予想が昨年比2倍増&上方修正!
石川祝男社長に聞くバンダイナムコHDの強さの理由

石島照代 [ジャーナリスト]
【第26回】 2012年2月20日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
8
nextpage

石川:石島さんが前回指摘していた、SNS系ゲームにおけるコミュニティの重要性はその通りです。ですが、それだけでは我々のようなコンテンツプロバイダーは生き残っていけない。もう、強力な先行者が2社もあるんだから、同じ事やったって仕方がないでしょう。

 今はガンダムなどの強力なIPで、SNS系事業者(ディー・エヌ・エーやグリー)のノウハウを吸収しながらビジネスしていますけど、我々がSNS系市場で勝ち残っていくには、絶対に我々のコンテンツビジネスの蓄積が必要になってくると思っていますよ。

石島:具体的には?

石川:深い=複雑、じゃないと思うんですよ。複雑さにいっちゃうと、とにかく時間つかってやりこまないとクリアできないってなって、うまくいかない。短時間でワンボタンで人と繋がって、そういう部分を保ちながらゲーム性の面白さを出せるかどうか、ここが勝負で、そこに業務用の経験が生きる。

 業務用の「湾岸ミッドナイト マキシマムチューン4」は全国で対戦相手を見つけるんですけど、誰だってあまりにも強いプレイヤーとは対戦したくない。だから我々が、沖縄のA君と東京のB君は僅差だから燃えるぞと思って対戦させられると、非常に面白くなる。たぶんそういう工夫が大切なんじゃないかと。

 作り手側が今のコミュニティ度を深めてあげて、プレイヤーたちは気が付かないうちにどんどんライバルであっても仲間であっても心地いいコミュニティが広がっていって、その数も広がってっていう。一見SNS系と同じコミュニティに見えるかもしれないけど、一味違う。そういう業務用の経験は絶対に活かしたいですね。

次のステップに向け進化し続ける、
前へ前へ進むバンダイナムコでありたい

石島:石川さんのお話を聞いていると、バンダイナムコHDは視界良好な状態ですね。

石川:問題はありますよ、そりゃあもちろん。ちょっと前までは、子どもがゲームに初めて触れるのは業務用や家庭用が多かったけど、中学・高校になって「ちょっとゲームでも」と思ったときに、「じゃあスマホでやるか」とSNS系に行っちゃう人も多分いると思います。それでよしとしちゃうのが、ゲームメーカーとしては一番怖い。それを入り口に、ゲームの楽しさをもっと知って欲しいですからね。逆に言うと、我々がもっとアピールしていかないといけないのかもしれません。

previous page
8
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧