新入社員は何を着て出社すればいいのだろうか。就活のスーツをそのまま着ていってもいいのだろうか。また、スーツを着ない職場では、何を着ていくべきなのだろうか。相手に好印象を与え、信頼される服装選びのコツとは?
『入社1年目の教科書』著者の岩瀬大輔さんが、新入社員の不安と疑問に答える。
本記事では、ライフネット生命社長の岩瀬大輔さんの新刊『入社1年目の教科書 ワークブック』から、内容の一部を再編集し特別公開する。(まとめ/編集部)

※本文写真の新入社員Bさんはイメージです。

相手に好印象を与え、信頼される服装選びのコツとは?

スーツはおしゃれよりも清潔感

新入社員Bさん
岩瀬大輔さん

新入社員Bさん(以下Bさん) 春から社会人になります。スーツって何を着ればいいのでしょうか?就活のスーツをそのまま着てしまってもいいものなのでしょうか?気合を入れて、新しいものを買うほうがいいですか?

岩瀬大輔さん(以下岩瀬さん) 社会人の服装や身だしなみで、一番大切なことは何だと思いますか?

Bさん 大切なことですか? おしゃれなこと……じゃないですよね。

岩瀬さん 身だしなみを整えるのは、おしゃれが目的ではなく、相手から信頼され、清潔できっちりとした印象を持ってもらうことです。

Bさん おしゃれや流行よりも、清潔感ですか。

岩瀬さん はい、スーツは値段やブランドにこだわるよりも大事なポイントがひとつだけあります。

Bさん え、値段やブランドよりも大事なことがあるんですか?