右も左もわからない新人にとって、仕事のミスは日常茶飯事。とはいえ、できればミスしたくない。どうすればミスを回避できるか、ミスしたとしても挽回する方法は? 『入社1年目の教科書』著者の岩瀬大輔さんが、不安いっぱいの新入社員にアドバイスする。
本記事では、ライフネット生命社長の岩瀬大輔さんの新刊『入社1年目の教科書 ワークブック』から、内容の一部を再編集し特別公開する。(まとめ/編集部)

※本文写真の新入社員Aさんはイメージです。

「私、失敗しないので」と言えたらいいのだが、仕事にはミスや失敗はつきもの。

上司だって最初は新人

新入社員Aさん
岩瀬大輔さん

新入社員Aさん(以下Aさん) 私、ちゃんと仕事をしたい!という思いが強いんです。でも、新人のうちはミスや失敗もたくさんありますよね。それが怖くて……。

岩瀬大輔さん(以下岩瀬さん) 怖いというのは? 具体的にどんなことが怖いと感じているのでしょうか?

Aさん 私、ミスして叱られるのが、絶対にイヤなんです!

岩瀬さん 叱られるのが怖いというかイヤなのですね。

Aさん はい、でも、新人のうちは、正直ミスすることもあるかなって……。
実は大学時代、アルバイト先で大きなミスをしてしまい、上司から厳しく叱られたことがありまして。そのことが今でもトラウマになっているんです。ミスしない方法はありますか?

岩瀬さん まず大事なことをお伝えします。Aさん、叱られても落ち込まないでください。アルバイト先の上司の人は、人格攻撃したわけじゃないですよね。詳しくお聞かせ願えますか。

Aさん そうですね。たしかに……(状況説明あり)。人格否定発言などは一切ありませんでした。

岩瀬さん Aさんにそのようなミスをこれからはしないでほしいという気持ちから、強く言ってきたのだと思います。おそらく、その上司だって、若いときは何度もミスしていますよ。

Aさん そう言われると、なんだか安心しました。ですよね、上司だって最初は新人ですよね。

岩瀬さん 私からすると、若い人がミスしても別になんとも思いません。むしろ、いろいろなことを学んでいる最中だといえるでしょう。何か新しいことをするから、ミスが生じるのでしょうから。

Aさん 少し安心しました。でも、そんな岩瀬さんでも、誰かのミスで腹が立つことはあるのでしょうか?(ドキドキ)

岩瀬さん ないと言ったらうそになりますね。私はミスには2種類あると考えます。何だと思いますか?

Aさん 2種類のミスですか……。