経営 × 財務

アジリティーとセキュリティー、デジタル
グローバル企業のトップは3つのキーワードで行動する
【シリーズ対談】日本企業が世界で戦うために

2018年3月27日
previous page
2
nextpage
日置圭介 KEISUKE HIOKI
デロイト トーマツ コンサルティング
執行役員

多業種の日本企業に、グローバル組織やコーポレート機能のデザイン、構築を支援。日本企業が世界で勝ち抜くためのグローバル競争力・経営力強化に向けた提言活動も推進。

日置:欧米のグローバル企業では長年努力してERP(統合基幹業務システム)を入れ、社内の情報網をしっかりと整備しています。対して、ほとんどの日本企業は、ERPをいまだ使いこなせていません。

 ERPはクラウド化し、また、その他の情報系のシステムも使いやすくなっている今、より切迫感を持ってデジタルトランスフォーメーションに取り組む必要があると思います。グローバルで戦っていくのであれば、ごく普通のことです。

 日本企業ではその必要性を経営トップにどう感じてもらうか、現場の人たちは悩んでいます。その一方で、いざとなると「本当にここまでやらなければならないのか」と日和見的な言動になったりして、なかなか進みません。

 デジタル化以前の問題として、IT化すら十分にできていないようだとお客さま向けにデジタルビジネスを展開しようとしても、説得力に欠けます。

野坂:今、日本経済も企業業績も回復基調にあります。ただ、その状況に満足してしまっては、これから5年、10年先を見据えた改革の足かせになりかねません。

 好業績が続いているときにこそ、将来を見据えた大胆な改革を実行すべきだと私は思います。

 グローバルに事業展開している企業が、国ごとや事業部ごとで業務プロセスが異なり、それを別々のシステムで処理していたら、まとまるものもまとまらず、将来に向けたアクションが手遅れになるばかりです。

 業務プロセスやシステムがばらばらだと、非効率でコストはかかるし、セキュリティー上の問題もあります。不正を含めたリスクマネジメントの観点からもいいことはありません。

コーポレートの仕事を
戦略レベルにシフトすべき

野坂:オラクルは2017年、クラウドで提供する自律型データベースを発表しました。運用監視やセキュリティーアップデート、障害が発生した場合の修復などが、全て自動的に行われるまったく新しいデータベースです。

 AI(人工知能)を活用した新しい技術は今後もどんどん出てきますから、人間が担うのは、より付加価値の高い仕事へとシフトしていくでしょう。それに伴って、コーポレートの仕事も変わっていかなくてはいけません。

 事業部門と一緒になって、社会に必要とされるものをどうつくっていくか、それを実現するためにITやファイナンスなどをどう活用するか。そういう戦略レベルの仕事にシフトしていかないと、新しい技術が出てきたら、単に人員削減されることになってしまいます。

previous page
2
nextpage

最新コンテンツ CFO、CEO、ビジネスリーダーが知るべき経営プラットフォームの概念と実際

財務基盤改革の最新事例を知る Case Study


IT insight

情報家電、インターネット、ソーシャルメディア、携帯電話など、ITツールの最新情報に加え、激動の市場を勝ち抜くIT企業の戦略、ITを駆使した新しい企業経営の姿などを伝える。ITエグゼクティブや編集部の視点から、ITビジネスの最前線を徹底分析する。

「IT insight」

⇒バックナンバー一覧