多い月には20万円突っ込み
貯金に手をつけざるを得なくなる

 とはいえ、たとえ会うことができても、多くて2~3回程度デートできればいい方で、一度だけで会えなくなったり、約束したのにドタキャンされて会えなかったりといったことも少なくありませんでした。しかし、約束を取り付けるまでのやり取りが楽しく、まるで習慣のように毎晩サイトを見ていたそうです。

 その結果、出会い系サイトに費やす費用は、余裕資金の7万円では収まらず、平均して17万~18万円程度、時に20万円に上る月もあったと言います。

 さらに、サイトの利用料だけではなく、デートの際に着る洋服を買ったり、女性にプレゼントを買ったりしたため、毎月の収入だけでは足りなくなり、ついつい貯蓄に手をつけてしまっていました。ここに、貯蓄を減らす大きな原因があったのです。

 Tさんの話を聞きながら、女性にだまされているのではないか、いいカモにされているのではないかとヒヤヒヤしました。結婚したいという目的がブレていましたし、そもそも出会い系サイトは結婚のための手段として決していい方法とは言えません。とはいえ、家計相談にきたのですから、本人もこのままではまずいと気がついており、誰かに止めてほしいのかもしれないと思いました。